how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Magicshineバイクライト 2011春の新製品

MJ-808のCREEバージョンと上位製品を投入

しばらく更新をサボっている間に、DealExtreme扱いのMagicshineバイクライトに、いくつか新税品が投入されていますので、まとめてご紹介します。(従来のラインアップは、過去記事のMagicshine バイクライト・カタログをご覧ください。)



① MJ-808E HA-III CREE XM-LT60 3-Mode 1000-Lumen LED Bike Light Set (4x18650)
 価格:$78.80(送料込、2011年6月末現在)


CREEの新しいLED、XM-LT60を採用したMJ-808の新バージョンです。

MJ-808E_boxMJ-808E_head


例によって「1000ルーメン」はドーピング表記(いわゆるバルブルーメンでの約1000ルーメン)と思われます。とはいえ、SSC P7バージョンの「900ルーメン」(これもドーピング(笑) )から、明るさが向上したことが伺えます。

商品構成は元祖MJ-808に近く、バッテリーと充電用ACアダプターはほぼ同一、点灯モードもHi→Lo→SOSで同じ仕様のようです。ランタイムは、Hiモードで3~4時間と幅を持たせた書き方になっています。従来バージョンはHiモードできっかり3時間でしたから、もしかすると多少改善しているのかもしれません。ACアダプターはUSプラグなので、日本でも問題なく使用できるはずです。



② MJ-870 Waterproof 3-CREE XP-G 4-Mode 1200-Lumen White LED Bike Light with Battery Pack Set
 価格:$126.70(送料込、2011年6月末現在)
③ MJ-872 Waterproof 4-CREE XP-G 4-Mode 1600-Lumen White LED Bike Light with Battery Pack Set
 価格:$145.30(送料込、2011年6月末現在)

CREE XP-Gを多灯化した新設計のヘッドユニットを採用し、MJ-808の上位に位置づけられる製品と思われます。MJ-870は3灯バージョン、MJ-872は4灯バージョンです。

MJ-870_boxMJ-870_head
MJ-870 Waterproof 3-CREE XP-G 4-Mode 1200-Lumen White LED Bike Light


MJ-872_boxMJ-872_head
MJ-872 Waterproof 4-CREE XP-G 4-Mode 1600-Lumen White LED Bike Light


以前「中華フラッシュライトのパクリ度」という記事でMJ-808とLupineのTesla 4という製品を比較しましたが、Lupinにはさらに上位製品として、LEDを多灯化したWilmaというシリーズが存在します。MagicshineにはWilmaと競合する製品がありませんでしたが、MJ-870・MJ-872は事実上、これに対抗する製品と言えそうです。ついに来たか!という感じですね。

商品構成は、ヘッドユニット、ハンドルバーマウント、バッテリー、充電用ACアダプタで、MJ-808と同様です。Oリングを使ったマウント方式も変わっていません。スペアのOリングも別売のMJ-808用のものが、そのまま使えそうな感じです。

製品スペックは、MJ-870が1200ルーメン、MJ-872が1600ルーメンとなっている以外は共通で、点灯モードは100%、70%、50%、30%の4種類。3灯のMJ-870でも4モードですから、LEDの同時点灯数で明るさを変えているわけではなさそうです。ただ、意味不明の"SOSモード"が無いのは良いとして、ストロボまで無くしてしまったのは、どうなのでしょうか。MJ-808のように、バッテリーのオールアウト前に段階的なストロボ点灯があるのかどうかも気になるところ。ユーザーコメントにも、そのあたりの情報はまだ上がっていないようですね。

ランタイムは100%点灯で2時間とのこと。MJ-808の実測結果を踏まえれば、Magicshineのメーカー表記ランタイムは、ほぼ信用してもよいのではないかと思います。ランタイムが欲しいときは、70%、50%、30%といろいろ選べるわけで、この仕様はなかなか実用的な気がします。

バッテリーパックは、一見したところ初代MJ-808同様の、布製ケースに収まるタイプ。この外観からは防水性能が気になりますが、今回はわざわざ商品名に「防水」と謳い、スペック表にも「IPX4」と明記されていますので、それなりの対策がなされているはず。もしそうだとすれば、アップグレード版のMJ-808に添付されていたアルミ製バッテリーケースに比べてずっと軽量に見えますから、これまでで最善の仕様と言えそうです。充電用ACアダプタは、いわゆるメガネタイプのコネクタを採用した新タイプで、USプラグのメガネケーブルが添付されています。

ユーザーレビューもまだアップされておらず詳細な評価は謎ですし、価格も上方にスライドしています。それでも、80円/ドルあたりをうろうろしている現在のレートで計算すれば、MJ-870が約10,100円、MJ-872でも約11,600円。相変わらず、この仕様でこの値段ですか! 私も思わずIYHしてしちゃいそうで、困ります。手持ちのMJ-808が壊れたわけでも無いので、もちろん、まったく必要ないのですが(笑)。

SSC P7のMJ-808とはエミッタも異るので性格の違うところも多少あるかもしれませんが、いずれにせよ、非常に気になる新製品ですね。




MagicshineバイクライトMJ-808レビューおよび関連記事:
Magicshine MJ-808 レビュー(その1)
Magicshine MJ-808 レビュー(その2)
Magicshine MJ-808 レビュー(その3)
中華フラッシュライトのパクリ度
MJ-808似か、Lupine似か?
Magicshine バイクライト・カタログ


スポンサーサイト

KNOG BEETLE似ライトにブラックモデル追加

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light Black


2色のLEDをアソート、使いやそうなセット

被災地への支援も原発の状況もまだまだ先が見えない状況ですが、もうそろそろ地震の話一辺倒からは抜け出して、活力を取り戻さなければならない時期に来ていると感じます。

平時モードの第一弾として、いつものDealExtremeネタから。(またかよ!(笑))

昨年末にご紹介したKNOG BEETLE似ライトに、ブラックモデルが追加されていますが、これが、ちょいとイケてる感じです。

・2-LED 3-Mode White + Red Light Fog Bicycle Lights - Black (Pair/2*CR2032) $5.00

以前に購入した$5.73~$5.82のタイプでははく、$5.00のタイプ。商品説明によれば、微妙にサイズが大きめ、かつ22g→32.5gと僅かに重めなのですが、写真を見た感じでは全く同じに見えます。もっともパッケージから違うので、別モノであることは確かです。

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light Black


最初からCR2032ボタン電池が付属している点は、同じ。点灯モードも同じ3種類ですが、$5.73~$5.82モデルでは Slow > Fast > Steady On と表示されているのに対して、こちらは Steady On > Flickering > Fast Strobe と表示されています。Strobe はストロボで、Flickering は点滅。Slow > Fast と実質的に何が違うのかは謎です。

このセットの魅力は、同じブラックボディ×2個ながら、1個は白色LED、もう1個は赤色LED仕様だということです。

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light Black


私がオーダーしたときにはこの商品がまだ無かったので、リア用にレッドを買ったのですが、フレームが白黒+ブルーなので、きっとコチラのほうが似合うはず。1セットで両方手に入るというのも、ポイントがプチ高いのではないでしょうか。

別に困って無いけど、気になるので追加でまたオーダーしちゃいそうです。安いですし。


MJ-808とは、ひとあじ違う?

Eastward YJ-E02

Eastwardからもバイクライトの新製品が登場

このところ仕事が忙しく、バイクはもちろんランの時間さえ、ほとんど取れていません。この状況は3月/末まで続き、ブログの更新もなかなかできそうにありません。が、そうこうする間にも、DealExtreme のバイク用ライトのラインアップがまた増殖しています。なかでも注目の(?)製品を、簡単にご紹介しておきましょう。

新製品のブランドは、Eastward。UltraFireほどメジャーではありませんが、LEDフラッシュライトでは一定の品揃えを持つ、中華ブランドのひとつです。

Eastward YJ-E01 SSC P7 3-Mode 800-Lumen LED Bike Light Set - Black $61.70
Eastward YJ-E02 SSC P7 3-Mode 800-Lumen LED Bike Light Set - Silver $61.90
Eastward YJ-E03 SSC P7 3-Mode 800-Lumen LED Bike Light Set - Black $61.90
Eastward YJ-E02 HRC20-30MN MC-E 3-Mode 800-Lumen LED Bike Light Set $56.60


YJ-E01 SSC P7
Eastward YJ-E01 SSC P7 3-Mode 800-Lumen LED Bike Light

YJ-E02 SSC P7
Eastward YJ-E02 SSC P7 3-Mode 800-Lumen LED Bike Light

YJ-E03 SSC P7
Eastward YJ-E03 SSC P7 3-Mode 800-Lumen LED Bike Light

YJ-E02 MC-E
Eastward YJ-E02 HRC20-30MN MC-E 3-Mode 800-Lumen LED Bike Light


なんと一挙に4製品!!! しかし見た目もスペックもほとんど同じで、何のためのバリエーションなのか、実はよく分からなかったりします。(笑)

少し真面目に説明すると、4製品とも以下の仕様では共通です。

・バッテリー   :18650リチウムイオン電池×4(別売)
・使用電圧    :3.0~7.2V
・スイッチタイプ :クリック式
・スイッチ位置  :テールキャップ
・モード数    :3
・モードメモリー :無し
・モード種類   :Hi → Mid → 高速ストロボ
・回路構成    :デジタル制御2600mA出力
・光度      :最高800ルーメン(公称)
・ランタイム   :Hiにて3~4時間(公称)
・レンズ     :コート付きガラスレンズ
・反射板     :アルミ・オレンジピールタイプ
・付属品     :キャリングポーチ、バッテリーホルダー、中国語/英語マニュアル
・その他の特徴  :HRC20-30MN仕上げ


違うのは、YJ-E01、E02、E03ではランプヘッド本体のデザインとサイズに微妙な違いがあり、カラーも黒と銀の2種類があること。そしてYJ-E02に、SSC P7とCree MC-Eの2種類があることです。

SSC P7とMC-Eはいずれも4個のLED素子を1パッケージに収めたハイパワーLEDで、ほぼ同じクラスの競合製品といえます。また、製品のルーメン表記こそ違いますが、SSC P7はMagicshine MJ-808が搭載するエミッタと、基本的に同じものです。

さて、YJ-E0xシリーズがMagicshine MJ-808と異なるポイントは、(商品説明と写真から分かる範囲だけで言うと)バッテリーケース、それにランプヘッド本体の固定方法でしょうか。

バッテリー構成は、ともに18650リチウムイオン×4本ですが、YJ-E0xのケースはユーザーがバッテリーセルを入れ替えることができるようになっていて、バッテリーセルが付属していません。なかなか精密感があるケースで、趣味的にはそそられます。ただし肉厚にも見えるので、ひょっとすると重量の面では、やや不利かもしません。

不思議なのは、付属のポーチです。写真を見る限り、ストラップがケースの横方向でなく、縦方向に縫い付けられています。自転車のフレームに取り付けるには不向きだと思うのですが、どこに取り付けることを想定しているのでしょうか。(いや、これはバッテリー用のポーチでなくて、ライト用のキャリングポーチなのかも?)

ランプ本体の固定方法は、MJ-808のようなラバーリングでなく、一般的なクランプになっています。31.8mm径のオーバーサイズ・ハンドルバーへの取り付けが可能なのかどうかが、気になります。取り付けさえ問題なくできれば、安定感やセキュリティー面での安心感は高そうです。

MJ-808よりも安い価格ですが、リチウムイオンバッテリーが別売であることには注意が必要です。18650はDealExtremeでだいたい$3.5~$9.0ぐらい。私のオススメはSoshine Protected 18650 3.7V 2800mAhですが、これだと2本パックで$16.50なので4本で$33.00の追加投資が必要です。さらに充電器も必要なので、トータルコストではMJ-808とほぼ変わらないと言えそうです。

説明や写真から分からないのは、公称値どおりの性能が得られるかどうかや、実際の使いやすさでしょう。ただ、MJ-808とよく似た仕様だけに、性能も近いと予想されます。強固に見える本体の固定方法や、防水性が高そうなバッテリーケースには独自の魅力もあり、オフロード用途にはMJ-808よりも有利かもしれません。


MJ-808似か、Lupine似か?

900 Lumen SSC P7 LED Bike light Headlamp Headlight


SSC P7 900 Lumen 仕様のバイクライトに新製品

SSC P7 3-Mode 900-Lumen を名乗る、第二の中華バイク用ヘッドライトが、DealExtremeに登場しました。

SSC P7 3-Mode 900-Lumen LED Headlamp/Bike Light Set (4*18650)
 価格:$58.60(送料込、2011年1月現在)

見ての通り、もはや"激似"と言っていいぐらいMagicshine MJ-808にそっくり。正確には、バッテリーパックを布製ケースに入れるところなど、アップグレード前のMJ-808によく似ています。Oリングによるバイクマウントに加え、ヘッドマウント用のストラップも付属するのは、お買い得。そして何といっても驚きなのは、その価格でしょう。MJ-808と同じSSC P7を使いながら$18以上、およそ25%も安く、まさに"MJ-808の廉価バージョン"と言えそうです。

最初に見たとき、一瞬Magicshineの新製品かと思いましたが、パッケージ写真には「UltraFire」の文字が見えます。UltraFireといえば中華フラッシュライトのメジャーブランドのひとつで、DealExtremeにも同ブランド製品は大量に掲載されています。が、これまでこのタイプのバイク専用ライトを見かけたことはありません。また、ざっと当たってみた感じでは取扱店もまだ少なく、相変わらずDealExtremeが最安です。

ただし、さすがにモノが安いだけあって、クオリティの面ではMJ-808に及ばないかもしれません。購入した人が早速スレッドを立てていますが、評価はいまひとつです。いわく、過電流でしばしばバッテリーパックのスイッチが落ちる(再接続で解決)、バッテリーのインジケータがちゃんと動作しない、ケーブルのプラグが防水じゃない、テールキャップが蓄光だが大して役に立たない、スイッチが固い、本体のバランスが悪くて前側に傾く、等々。

とはいえ、肝心の光は白色光でMagicshineに近いそうなので、価格相応を承知で使えば納得できる範囲かもしれません。まあ、Magicshine MJ-808でも十分に安いので、そこまでケチるかどうかが微妙なところですが。

それにしても、どうしてここまで徹底的にコピーするのでしょう。商品開発時点で、ほとんど何も考えていないとしか思えません。コピー商品でLupineを食ったMagicshineですが、今度は食われる立場に立たされたようですね。




MJ-808レビューおよび関連記事:
Magicshine MJ-808 レビュー(その1)
Magicshine MJ-808 レビュー(その2)
Magicshine MJ-808 レビュー(その3)
中華フラッシュライトのパクリ度
Magicshine バイクライト・カタログ


KNOG BEETLE似ライト レビュー

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light

DealExtremeで気になる自転車ライトは多いのですが、これもそのひとつでした。

誰がどう見てもKNOG社のLEDライトBEETLEのコピー商品ですが、価格差が強烈です。アチラの価格2,100(旧定価は2,520円だったとか)に対し、コチラは2個セットで$5.82。1個あたり250円以下なので、ざっくり1/10 (!)のお値段。しかもDealExtremeは事実上送料無料なので、コストは本当にこれだけという、お手軽さ。

ホワイト(トランスルーセント=半透明)・レッド・ブルー(LED色は全てボディと同色)の3色展開ですが、仕様と価格が微妙に異なる2種類の商品が存在し、それぞれに3色あるので、都合6種類売られています。

※ブラックバージョンが追加されました。LED色はホワイト×1とレッド×1の組み合わせです。(2011年1月9日)

①アクリルケース入り
2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light - White (Pair/2*CR2032) $5.82
2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light - Red (Pair/2*CR2032) $5.73
2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light - Blue (Pair/2*CR2032) $5.82
②ブリスターパック入り
2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light - White (Pair/2*CR2032) $5.00
2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light - Red (Pair/2*CR2032) $5.00
2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light - Blue (Pair/2*CR2032) $5.00
2-LED 3-Mode White + Red Light Fog Bicycle Lights - Black (Pair/2*CR2032) $5.00

①と②は商品パッケージが異なるだけでなく、前者が4.3cm×2.9cm×2.9cm、44g、後者が4.4cm×3.1cm×3.0cm、63gと明らかに異なっています。立派なケースは別に要らないのですが、重量の違いが気になり、①を選んでオーダーしました。

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light

サイトの写真どおり、美麗なアクリルケースに収まった商品が到着。不要とはいえ、ちょっぴり高級感のあるパッケージング。これはこれで、妙にそそられるものですね。でも残念ながら、薄手のケースは端がちょっと割れていました。商品そのものは無事だったようです。例によって、説明書の類は一切ありません。電池は装着済みです。

本体中央のクリックスイッチは少し硬めで、ポリスフラッシュ(というのかな?間欠点滅です)→ やや遅めのストロボ → 常時点灯の、3モード。点灯状態が特に不安定といった様子もありません。ポリスフラッシュのときは、2つのLEDが交互に点滅します。

重量は実測で22g。サイトに書かれた44gという数字を見て、ちょっと重いなと思っていたのですが、これは2個分の重量でした。ちなみにKNOG BEETLEのカタログ重量も22gで、全く同じです。

分解してみました。シリコンラバーのケースをぺろっと剥がすと本体が現れます。

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light

電池はCR2032が直列に2個。「リチウムバッテリー」と日本語で表記されていますが、メーカーロゴらしきものは無く、日本製かどうかも不明です。ハンダ付けはいい加減っぽいですが、深く追求しません。(笑) 防水性も考慮されていないようですが、全体にシリコンに覆われているようなものなので、小雨程度なら大丈夫ではないでしょうか。

フロントフォークの左右に付けてみます。予想したほど目立たず、なかなかいい感じです。取り付け角度が上向きになりますが、路面を明るく照らす能力はどうせ期待できないでしょうから、これで良しとします。

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light

点灯してみました。

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light

ハンドルバーの明るいライトは、Magicshine MJ-808。もちろん勝負にはなりませんが、この角度(だいたい目線の高さ)から見ると、BEETLE似ライトも結構目立ちます。

リアには、同時に購入したレッドを装着。これも2個セットなので、両サイドです。

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light

こちらも大正解。見る角度によりますが、リア1灯だけの場合と比べて視認性が明らかに向上します。安いので、左右に10個付けようかと思うぐらい。(笑) さすがに重くなりますけどね。ただ、私のバイクのフレームは赤がどこにも入っていないので、明るいところで見るとちょっぴり違和感があるのが、難点といえば難点でしょうか。中身をホワイトのケースに入れるとよいのかもしれません。

耐久性は全く分かりませんが、ちょっと触った感じでは十分なクオリティを持っているように感じられます。コストパフォーマンス抜群の、とても満足できるお買い物でした。



ひっそりと・・・
クリスマスプレゼントのお知らせ!

このエントリで紹介した2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light - White (Pair/2*CR2032)の未開封品を、先着1名様に爆撃プレゼントします。

ご希望の方は、当ブログへのご意見を添えて、プレゼント希望の旨とご連絡先メールアドレスを、コメント欄にご投稿ください。※個人情報が公開されないよう、必ず「秘密?」にチェックをお願いします。

締め切りは、12/25(土)23:59とさせていただきます。(それまでにご応募が無ければクローズするという意味です。プレゼントは先着ですので、お早めに!

発送先は日本国内に限定させていただきます。発送方法は、定形外普通郵便(当方負担)か、または送料着払い(貴方負担)にて。もっとも、高い送料を払うぐらいなら、ご自身でDealExtremeから購入したほうが安くなっちゃいますので、定形外郵便を強くオススメします。ポストに厚さ5cmぐらいの封筒が入らない場合、不在時は再配達を覚悟してください。

ご応募をお待ちします!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。