how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらの桜

荒川の桜

春の荒川

先週末、いつもの土手&河川敷コースを少しだけ走ってみました。

怪我のせいで2ヶ月以上も走れず、ずいぶん久しぶりです。肩の痛みも引いていないので、無理せず10kmほど行って、終了。走る感覚は思いのほか失われていないものの、足がまったく動かない。一からやり直しといった感じです。

脚が持たないので、ゆっくりと歩いて戻ります。

荒川の桜

首都高の橋のたもとには、見事な桜が・・・。

花曇、という言葉どおりの空模様。しっとりとした空気です。

荒川の桜

この場所、江北JCTから中央環状線に乗るとすぐにアーチ橋を渡るのですが、その名も「五色桜大橋」と言って、かつてこのあたりに咲いていた五色の桜にちなむのだそうです。今でも少しは残っていますね。

五色桜大橋

二層式ニールセンローゼ橋という構造です。夜はライトアップされます

鹿浜橋あたりも、見事でした。

荒川の桜

荒川の桜

レストランさくらも、桜色に包まれています。

荒川の桜

入ってすぐ右手のしだれ桜は、少し遅咲きのようです。色が濃く、独特でした。

荒川の桜

今夜から明日にかけて雨を伴う嵐だそうだし、シーズンも終わりですね。





スポンサーサイト

大ドジの巻(続き)

arakawa_032.jpg

やっかいな左手の小指

肩甲骨と左手の骨の粉砕をやらかしてから、2週間が経過しました。相変わらず、三角巾+バストバンドと添木+包帯の重装備で両手不如意な状態ですが、こっそり三角巾を外して書いています。^^;

前回書いたとおり、3つに割れた右の肩甲骨は手術せずにそのまま固定します。(こういうのを "保存的療法" と呼ぶのですね。) 同様に、左手も手術しません。手術せずに固定するということは、基本的に骨は骨折したときの形のまま、つまり変形したまま固まるということを意味します。(少なくとも私が掛かっている整形外科では、手術以外の手段で骨の位置を元に戻すことはしませんので。)

担当医師の話を信じるなら、骨折した形のままでも、肩甲骨には機能上ほぼ何の影響もありません。しかし実は、左手は若干ながら、形状の変化が機能にも影響を与えます。

骨折直後の左手のレントゲン写真です。どこを骨折しているのか、一見して分かりにくいと思います。

D0000254.jpg


骨折している箇所を丸で囲みました。

fracture_000.jpg

2枚目のほうは1週間後ですが、変形の様子は全く変わっていないように見えます。小指の根元の骨(=第5中手骨)、関節から少し離れた箇所(=頸部)が、内向きに折れ曲がって(=転位して)います。また、写真は平面なので分かりませんが、垂直方向にも手のひらの方向に曲がっています。

中手骨頸部骨折。通称「ボクサー骨折」。手を握った状態で軸方向に強い外圧が掛かると、ここを骨折しやすいのだそうです。

こんなことが書かれた文献を見つけました。

日常診療において手の外傷は多く、それゆえ安易に扱われやすい。しかし、その治療結果は必ずしも良くなく、拘縮や変形治癒のために重大な機能障害を残す患者も多数存在する。

(引用元:「手指骨折の治療」 担当 相木比古乃、土田芳彦



「拘縮」とは関節可動域が狭まること、「変形治癒」は言葉どおり変形したまま治癒することです。

中手骨頸部骨折の場合、第4(薬指)、第5(小指)中手骨は特に、指を伸ばす筋肉の力よりも指を曲げる筋肉の力が強く、そのため手のひらの方向、つまり内側に向かって曲がる傾向があるそうです。その結果、次のような症状を招きます。

・回旋転位と短縮転位(回旋転位はオーバーラッピングフィンガーとなる)

オーバーラッピングフィンガーとは、指を曲げたときに本来とは異なる方向に曲がり、隣の指と重なることです。第5中手骨の場合、小指が変形して薬指の方向へ曲がります。

私の左手を、右手と比べてみました。(あまりうまく写ってませんが、もう片方の手でカメラを保持しての困難な撮影ですので、ご容赦のほどを。)

hands_001.jpg

左手は大きな内出血の跡があって、全体に血色も悪いです。^^; 問題の小指が、右に比べて左は薬指に掛かり気味なのが、お分かりでしょうか。

見た目でさほど顕著ではありませんが、自分では通常なら当たらないはずの小指の爪が薬指の腹に当たり、妙な違和感があります。また、PCのキーボードを叩くとホームポジションが狂い、Ctrl+Vを押したつもりがCtrl+Cに、Ctrl+CのつもりがCtrl+Xになるので、小指の位置がずれて他の指との距離がおかしくなっていることが分かります。

上の写真に線を引いてみます。この程度の狂いです。

hands_002.jpg

どうでしょうか? PCなら慣れれば問題は無さそうですが、指先の位置や向きにデリケートな場合、例えばピアノやヴァイオリンの演奏だとかなり問題になる気がします。

他には、こんな症状があります。

・背側凸変形
・手を握ると骨頭の隆起消失

私の両手です。

hands_004.jpg

左手には腫れが残っていてちゃんと握れていないせいもあると思いますが、右手のように小指の関節がくっきりと飛び出さず、丸みを帯びて見えますね。見た目の問題ですが、右手に比べるとかっこ悪いです。

これらを改善するには、どうすればいいのか。上の文献の続きです。・・・

手の外傷治療には、このような機能障害を最小限度に抑えるための原則が存在する。

第一に、解剖学的整復を獲得すること。解剖学的整復が得られれば、機能はそれについてくるものである。多少の変形の許容はあるが、著しい角状変形、回旋変形、短縮、筋腱のアンバランスは手の機能を著しく低下させる。しかし場合によっては骨折の不完全な解剖学的肢位を容認し、適切なスプリントと早期運動によって手指全体の機能改善を目指したほうが良い場合もある。

第二に早期運動に耐えられる固定方法を選択することである。早期運動ができない固定方法は不適切である。手指骨折において長期間(3週間以上)の固定は不要であるばかりでなく、治療しがたい関節拘縮を惹起する。また骨折に伴う軟部損傷程度が強いと、数日から1 週間の固定でも、不可逆的な拘縮をきたすことがある。早期運動療法は手の外傷治療の大原則である。

第三に軟部組織損傷を最小限にとどめることである。すでに一次外傷によって軟部組織は相当の傷害を受けている。軟部組織損傷は関節拘縮、腱癒着の最大の要因である。手術によって新たな損傷を加えてはいけない。例えば、早期運動に耐えられる固定法がplate 固定であったとしても、加えられる手術侵襲は症例によっては過大かもしれない。全ての治療法選択は、個々の症例の最終機能を見据えた上でのバランスによって成り立っている。

(引用元:「手指骨折の治療」 担当 相木比古乃、土田芳彦



つまり、まずはできるだけ形を元に戻し、あまり間をおかずにリハビリを行うことが大切で、手術では軟部組織の損傷を最小限にしろ、ってことですね。

別の箇所を引用します。・・・

4.中手骨頚部骨折の治療方法

軸圧によって起こる骨折として中手骨頚部骨折がある(boxer fracture)。第5中手骨が最も多く、次に第4 中手骨が多い。屈曲変形は第2・3 中手骨では15°まで許容される。第4.5 中手骨はCM関節で代償されるので許容範囲が大きく、第4で30°、第5で45°とも言われている。第4中手骨頚部骨折の掌屈変形50°以上、第5中手骨の70°以上の変形でも、痛みや機能障害は残さないが、外観上の変形は著明である。しかし転位の許容範囲は大きいものの、やはり初期治療として可能ならば整復を試みるのがよい。

(引用元:「手指骨折の治療」 担当 相木比古乃、土田芳彦



CM関節とは、中手骨の付け根(手首に近い側)のことです。第2(人差指)、第3(中指)はCM関節が動かないので影響が大きいが、第4(薬指)、第5(小指)は中手骨自体を多少動かすことができる。そこで中手骨に変形があっても多少はカバーできるということですね。

ただし「転位の許容範囲は大きい」けれど「やはり初期治療として可能ならば整復を試みるのがよい」わけです。「整復」とは、骨折した箇所を元の正常な位置に戻すことです。

私の場合は・・・何もやってません。^^;

整形外科で整復する場合は、もっぱら手術という手段を用います。手術か放置かの二者択一です。そして私の担当医は「微妙なところだけど、よほど気になるのでなければ手術は不要」と断言します。つまり、骨折による指の曲がりは「CM関節で代償される許容範囲」にあると判断しているのです。

もし柔道整復師(=いわゆる接骨院の先生)なら、手技を使って整復を試みるでしょう。実際にネットで事例を探ると、整形外科よりもむしろ、こうした骨折の整復を扱った柔道整復師のサイトのほうが多く見つかります。ただ骨折後10日を過ぎるとすでに癒合が始まっているはずですから、私の場合、こうした整復を行うには遅いかもしれません。

ちなみに、柔道整復師による整復について担当医の考えを尋ねてみたところ、懐疑的な言葉ばかりが飛び出してきました。はっきり言って柔道整復師はまともな治療行為の担い手でなくむしろ反医療的だ、そんな姿勢さえ伺える態度でした。柔道整復師と補完的に協力し合ってベストな治療法を探るという医師の話もあるだけに、この反応はちょっと残念。しかし一般には、柔道整復師を敵視する整形外科医が多いとも聞きます。

まあたしかに、骨折に対して的確な整復が行えるスキルを持った柔道整復師は、そう多くないのかもしれません。さしあたり、スキルと経験を持った整復師を私が知らず、短期間で探すための有効な手段も持ち合わせていないということが問題ですね。

もちろん手術するという選択肢もありますが、それはそれで大きな負担とリスクを伴うことが分かっているので、なかなか踏み切れません。もうタイムリミットなのですが。

hands_005.jpg

うーむ。だめだ、こりゃ!

微妙に向きが曲がった、左手の小指。・・・どうなることやら。



大ドジの巻

荒川の空

コケて肩甲骨を破壊する

足底腱膜炎がやや緩和し、それに伴って腸脛靭帯炎気味だった左膝もようやく落ち着いてきたようです。炎症を引き起こさないためには、バランスの取れたフォームと、筋力の維持が大切とのこと。そこで陸上トラックを使ったインターバルなどのポイント練習を取り入れてみたり、少し真面目にトレーニングを始めることにしました。

そんな矢先のできことです。

大雪の月曜日から1週間を経て、先週末はそこそこお天気に恵まれました。その練習日和を、私は土日ともべったり出勤して潰してしまいました。忙しくて出勤しているのですから、当然帰りもそれなりに遅くなります。そんなわけで走る時間は全く取れず、ちょっぴりフラストレーションが溜まっていました。

明けて月曜は夜8時と、かなり早めに帰宅。その夜は天気が崩れて雨か雪になるとの予報でしたが、ネットで調べると、まだようやく名古屋以西が雨雲に覆われている状況です。これなら関東は2時間は持つだろうと判断し、すぐに着替えて荒川河川敷へ向かいました。

さくっと走ってすぐに戻るつもりだったので10km+αのコースを選び、レースペースよりも少し速めのペースで急ぎます。

kouhoku_bridge.jpg

江北橋を右岸へと渡り、再び河川敷へ降りるために右折したところで、前方から近づいてくるママチャリに気付きました。若い男性のようですが、無灯火で、ケータイに目を落としたままフラフラと寄ってきます。このまま行くと正面衝突しそうですが、相手は気付く気配が全くありません。やむなく、いつもより手前からスロープに入ろうとポールとポールの間をすり抜けた瞬間、足をすくわれました。

気付くとほぼ仰向けの状態で、冷たいアスファルトに横たわっていました。足元の方向を見やると、3mぐらい向こうの何本かのポールの間から、チェーン越しに夜空が見えます。そうか、自分はチェーンに突っ込んだのか! ママチャリの姿は見えません。

両手がズキズキします。身体を起こそうとすると、背中に激痛が走ります。起こした身体を戻すと、また激痛。10分か15分ほどの間だったか、悶えながら様子を見ましたが、ちっともラクになりません。その間、ランナーが2人と自転車が1台、私のすぐそばを通り過ぎて行きました。しかし誰も、こちらには目もくれません。

助けを求めたいわけではなかったのですが、一声掛けてくれないかなと実は思っていました。こんな状況に陥って、誰かに相談したかったのかもしれません。しかし痛みでまともに声が出ず、行き過ぎる人の影をただ見送るほかはありませんでした。きっと、ヘタレが疲れて横たわっていると思ったのでしょう。もちろん「疲れて」以外は正しいのですが。

かなり時間が経ってから、力を振り絞って何とか自力で起き上がりました。幸い頭部や脚は、打撲した感覚はあるものの、動かしただけで痛むということは無さそうです。両手はズキズキしています。またそれとは別に、右の背中と腕の付け根が酷く痛むことが分かりました。腕をどちらの方向に少し動かしただけでも、また力を入れずに腕をだらりとぶら下げても、どうやっても痛いのです。つい先ほどまで考えてもいなかったことですが、立ち上がってもこれだけ痛いとなると、ランの続きは断念せざるを得ません。だとすると、ここからどうすれば・・・?

自宅まで約7km。短時間のランなので、自宅の鍵と最低限の小銭以外、何も持っていません。ケータイも無く、誰かに連絡することもできません。もっとも連絡しようにも、家人は旅行で不在中。帰ってくるのは4日後です。近くに知人もいません。あたりは真っ暗だし、天候の悪化を考えると、ここでじっとしているわけにも行きません。参ったなぁ。

日暮里舎人ライナーの扇大橋駅が近いといえば近いですけど、ルートが回り道で無駄に時間と費用ばかり掛かります。その他には近くに鉄道駅が無いことも分かっています。意を決して、徒歩で自宅方面を目指すことにしました。その間に痛みが和らげば、それでよし。ゆっくり湯船にでも浸かってマッサージをすれば、そのうち治るでしょう。もし引かないようなら念のため、救急病院の扉を叩こうかな。

右手を左手で支えて身体に沿わせるように保持するのが一番ラクだったので、その姿勢で赤羽に近い新荒川大橋まで歩きました。走れば訳も無いところを、痛む腕を抱えて歩く、その距離のなんと遠いことか! なんでチェーンに気付かなかったのだろうとか、なんであれほど早く自転車を避けたのだろうとか、くそー!転倒さえしなければ今頃は風呂でのんびりしてるとか、しょうもない考えばかりが、今さらのように頭の片隅をよぎります。

こうして1時間半以上が経過。荒川大橋に着いても痛みは引かず、むしろ酷くなっているように思われました。観念して向きを変え、駅から少し離れたところにある総合病院へと向かいます。しかしたどり着いて事情を説明すると、今夜は泌尿器科の医者しか居ないとのこと。ルールで他の病院を紹介することも一切できないから自分で探してくださいと、取り付く島もありません。ケータイも、メモする紙やペンも無く、電話しながらメモできる腕の力さえも無いのに、どうやって探せと? ついに力尽きてタクシーを拾い、自宅へ戻ります。きっと打撲しただけだ、もう寝よう・・・と一瞬思ったけれど、念のために、頑張って他の病院を探しました。

不思議なほど小刻みの呼吸しかできず、ぶるぶると奇妙なほど大きく震える指先がキーボードの上を彷徨って止まりません。Webで幾つか見つけて電話で当たった結果、当直は整形外科医ではないが外科医なので検査と初期処置ならできると言われ、降り始めた雨の中を出向いたのは、先ほどタクシーを拾った場所のすぐそばの病院。傘を持つのさえ辛いのに、意味も無く往復したとは! ガックリ気落ちしながらも、こんな夜中に対応してもらえることに感謝しつつ、診察を受けました。

単なる打撲と期待していたのですが・・・残念ながら、折れてました。

レントゲンを数枚取ったところで、放射線技師が電話で医師となにやら相談。ややあって「CTスキャン取りましょう」と言われ、終わって「分かりやすいように3Dイメージを作りましたよ(^^)」と言われて見せられたのが、この画像です。

D0000232.jpg

これがぐりぐり回転するのだから、たしかに、分かりやすい。^^; 肩甲骨がパックリと割れている様子が、それはもう、手に取るように分かりますとも! 上下だけでなく左右にも、見事に割れているじゃないですか。というか、繋がっている部分のほうが少なくて、もう少し割れたら空中分解しそうなくらい。空中じゃないですけど。「これで、どうして救急車を呼ばないの!」と言われても、ねぇ・・・。そのときは3D画像を見てたわけじゃないし、自力で歩けたのですから。

「実はねぇ、問題はコレだけじゃなくて・・・」。そうですか。まだ他にもあるんですね。はいわかりました、もう諦めてますから。で、なんですか問題って?

「左の小指も痛くないですか? この根元の腫れてる部分ですね。ここも折れてます。」

D0000254.jpg


右腕は三角巾と幅30cmぐらいのバンドでぐるぐる巻きに身体に固定され、左手は小指に添え木(と言ってもアルミとウレタンだけど)を当てて包帯でやはりぐるぐる巻きに。何かこれ以上悪いことをしたいと思っても、もう右も左も手が出ない状態です。というか、これじゃ風呂どころの騒ぎじゃない、どうやって着替えや独り宴会をしたものだか・・・。風呂も飲酒も止められましたけどね。

明日は大事な打ち合わせなのに参ったなぁ、という考えを見透かすかのように「明日は仕事行っちゃだめですからね!」と念を押され、「一番強い痛み止めを出しておくけど、吐き気がしたら救急車を呼んでください。紹介状を書くから、オペや入院に対応できる病院を探して、朝になったら、できるだけ早く診てもらいなさい。」とのご託宣。

自宅に戻ったら、すでに1時半を廻っていました。何をする気力も無く、着替えも諦めてそのまま横になります。ところが、どちらを向いても酷い痛みに襲われることが分かり、仕方なく椅子に座ったまま一晩を過ごしました。両手も、相変わらずズキズキします。ネットで何か調べようにも、利き腕の右手はブロックされたままだし、左手もまともに使えません。

それでも驚異の激遅1本指タッチ(?)で、処置してくれそうな病院をリストアップ。いちばんアクセスが良さそうな病院へ朝一で出向いて、受診。すぐオペと言われたらどうしようと思ってびくびくしていると、医師の口から出てきた言葉は「基本的には何もせずに放置して、自然に治るのを待ちましょう。それがいちばんの治療です。」(!)でした。

肩甲骨だけを骨折した場合は自然治癒だけで回復が可能で、多少向きがズレたままになっても機能には問題が無いとのこと。ズレるのは嫌だなぁと少し抵抗してみましたが、手術が身体に与えるストレスと天秤に掛けるなら、あえて手術をしない選択をするほうが得策というのが医師の見解でした。手術のストレスが半永久的に残ることは、過去の経験から知っています。だから、その判断は私にも理解できます。

肩甲骨でなく鎖骨を折った場合は、そのまま放置すると縮まった状態で固まるので、手術で位置を戻さないと回復後の姿勢への影響が大きいのだそうです。また鎖骨、腕の骨、肩甲骨(もっと腕に近い部位)を3点セットで骨折することも結構あり、その場合も速攻でオペになるようです。

安静のための入院も一応提案はされたけれど、午後の打ち合わせに出たかったので(笑)通院を選択。ついでに小指の骨折も、そのままです。生活への影響は、最初に検査をしてくれた外科医に脅されたほどでなく、まずはほっとしました。

とはいうものの、全治1ヶ月から1ヶ月半と宣告されています。全治1ヶ月というと相当な大怪我なのかと思っていたら、なんか簡単にやっちゃうんですね。^^; ともあれ、トレーニングへの影響は避けようもありません。しばらくの間は大人しくするしかなく、治ったらまた一からやり直しです。骨折した部位も、完全に元通りには戻らないに違いありません。フォームへの影響もあるでしょう。ちょっとしたミスで、痛い失敗を踏みました。ついでに、お財布にも痛いです。物理的にも痛いですけど。

当面、両手を固定された不自由が如何ともしがたく、まともに着替えもできないのには参りました。その状態で1日を過ごすうち、我慢ならずに三角巾を脱ぎ捨て(ぐえっ、痛ぇぇぇ!)、右手の自由をやや強引に奪回してこれを書くことにしました。ちょうど良い更新ネタですから(?)。ついでに左手の包帯も取り去ってみます。手のひらが自分で見ても気持ち悪いほど、どす黒く内出血しまくっていました。

普段どおりにキートップを叩いてみると、左の小指はアウトですが、腕に力を入れず指を使うだけなら右手はなんとも無いことが分かりました。ただし、ちょっとでも気を抜くとすぐに腕に力が入り、肩に痛みが走ります。キーボードからマウスに無意識に手を伸ばそうとする動作が、特にヤバい。襲ってくる痛みに、飛び上がります。また押す系よりも引く系がマズいらしく、間違ってもドアノブなど引いてはいけません。不思議なことに、背中側ではなく、前側の腕の付け根あたりにビーン!という感じの痛みが走ります。(瞬間の痛みとは別に、背中側はずっと鈍痛が続いています。)

事故後1日目は午後から出勤し、2日目の今日はのんびり休んで気分の回復に努めることにしました。相変わらず食事にも困る状態で何かをするわけでもないのですが、無性に身体を動かしたくなり、午後遅く荒川河川敷まで散歩に出かけました。

荒川の空

河川敷でジョグをするとき、私は少しだけ目を上げて、雲の様子や空の色を眺めながら走るのが好きです。想像するといかにもカッコ悪いフォームなのですが、どうせ顎も上がり気味なので、ちょうどいいというのもあります(笑)。

西の空は薄く曇って、今日も穏やかな表情です。あーあ、どうせ休むのなら、こんな怪我さえしていなければ、のんびりジョグできるのに。気持ちいいだろうなぁ!

闇夜のチェーンに飛び込むようなヘマは私だけでしょうが、走行中の転倒は意外なまでに危険であることを思い知らされました。調べてみると、なんとロードで立ちゴケ(に近い転倒)をしただけで肩甲骨を骨折された方もいらっしゃいます。ランニングされる方、それにロード乗りの皆さんも、油断は禁物です。どうかくれぐれも、お気をつけください。




荒川散策

荒川ラン

荒川河川敷を、レストランさくらまで散歩しました。

レストランさくら

えちご・くびき野100kmでダメージを受けた連れあいの膝ですが、レース直後は、走ることはもちろん、歩くのさえ辛いという状況でした。

一昨年、同じ部位を故障したときは歩くのには支障が無かったのですが、それでも完治までには4ヶ月以上を要しています。客観的に見て、今回はもっと深刻な状況です。

治療に専念して約3週間。リハビリを兼ねての散歩です。

荒川ラン

少なくとも2~3km程度は歩いても問題なく、なんと7分半前後の非常にゆっくりとしたペースなら1kmぐらい走っても痛みが出なくなったと言っています。回復が非常に早く、驚きです。前回の経験から施療の方針が明確で、マッサージや鍼などと筋力維持に集中的に取り組んでいることが、功を奏しているのでしょうか。しかし誰ですか、膝を故障しているというのに、スクワット毎日200回もやってるのは。^^;

同じく、くびき野でやられて左足裏に違和感がある(軽度の足底腱膜炎らしい)こともあって、付き合ってラントレ自粛モードの私ですが、こちらはついでに筋トレまでさぼっているので、復活後に差を付けられそうです。少しは筋力維持に努力しないと・・・。




荒川でまったり

レストランさくら

「レストランさくら」と都市農業公園

おなじみ、荒川ジョグのネタです。でもランの話は無し。今回は写真メインでいきます。

隣接する足立区都市農業公園の工事にともなって一時休止状態だった「レストランさくら」が、2012年4月にリニューアルオープンしました。

レストランさくら

1階のメニューはこんな感じです。「カツカレー(サラダ付き)」700円、「オムライス(サラダ付き)」600円なり。ビールや焼きそば、ホットドッグなども。

レストランさくら

怒涛のアイスも健在です。

レストランさくら

2階のメニューボードには「みはらし茶屋」の名前があり、「さくら」から変わったのか、それとも2階だけ別の愛称なのか、よくわかりません。(上の写真には「レストランさくら」との表記も見えます。)

ランチタイムの食事メニューは、「みはらし定食」と「野菜カレーセット」の2種類。お手頃だった「ホットドッグランチ」が消えたのは、ちょっと残念かなぁ。

レストランさくら

「みはらし定食」は、かなり大振りなシャケと野菜のアラカルト。雑穀米のご飯と、味噌汁、ドリンクが付きます。見た目以上にボリュームがあります。

レストランさくら(みはらし定食)

「野菜カレーセット」は、どことなく田舎風。味はGOODでした!

レストランさくら(野菜カレーセット)

セットドリンクのコーヒーは、お抹茶風のよそおいです。・・・クリーム入れて、しゃかしゃか。

レストランさくら(野菜カレーセット)

都市農業公園もリニューアルしています。いつもはスルーするのですが、せっかくなので立ち寄ってみることにしました。

江戸時代の民家や、明治時代の門などの建築が保存されています。

都市農業公園

わらぶきの民家の土間に入って屋内を見学できます。とても涼しげです。

都市農業公園

小規模ながら、バラ園が作られています。大輪のバラが咲き誇り、みごとでした。

都市農業公園

コンパクトデジカメでは、写りが・・・。次に来るときは、一眼レフ持ってこようかな。

都市農業公園

園内には野菜畑、麦畑、それに梅や林檎の果樹園やハーブガーデンまであって、ちょっとしたボタニカルガーデンです。首都高の足元に、こんな癒し空間があるとは。

都市農業公園

ロケーションは、ここです。


大きな地図で見る

足立区 都市農業公園の公式ホームページ:
http://www.seibu-la.co.jp/adachi-agri/

都市農業公園




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。