how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪行袋を買ってみた

Ostrich Road 320 bike bag

Ostrich ロード320 プチ・レビュー

何かと忙しかったり、風邪気味でモチベーションが上がらないのを言い訳に、先週はランもライドも、ろくにしていません。ついでにブログの更新も滞ってしまいました。書きたいネタが無いこともないのですが、中途半端に材料が揃わなかったりして、どうも手を付ける気になれません。

代わりと言うわけでもありませんが、輪行袋を買ってみましたので、簡単に紹介します。

久しぶりの国内通販です。気の利いたサービスは期待しませんが、amazon.co.jpを利用。土曜の午後にオーダーし、翌日曜の午後には到着。これで送料無料。便利というか、見ようによっては恐ろしい世の中です。製品のチョイスには悩みましたが、オーストリッチのロード320です。理由は・・・

・いわゆる縦収納方式で、収納時の占有スペースが小さい

公共交通機関、特に首都圏の電車の混み具合を考えると、広い場所を占有するのは人迷惑。可能な限り小さくまとまるものが、ベターでしょう。飲食店などに持って入る場合にも有利です。

・丈夫で扱いやすそう

ロード220のように、ボトルケージに収納できるほど小さく畳める輪行袋もあります。でも搬送中にぶつけたりする可能性を考えると、生地の薄さが気になります。ロード320は自転車への装着収納が難しそうですが、生地の丈夫さとのトレードオフなので、仕方ありません。諦めることにします。

・情報が多い

ポピュラーなモデルなので、情報が多くて助かります。メーカー公式サイトの動画や先人の記事で、使い方もバッチリです。

メーカーサイト:オーストリッチ 輪行袋の使用法(動画)
自転車/輪行袋の使い方/2006-09-23/ロード320輪行袋(オーストリッチ)

さっそく試してみました。

Ostrich Road 320 bike bag


こんな感じに収まりました。

サドルを下げたり、ペダルを外す必要もありません。ホイールを外してまとめるだけなので、慣れれば15分か20分もあれば収納できそうな感じです。開梱はもっと簡単で、バイクの取り出しと組み立てに5分、輪行袋を畳んで袋に詰めるのに5分、合わせて10分といったところでしょうか。

ただし私のロードバイクでは、ハンドルバー周辺の幅と高さが、わりとぎりぎりでした。フレームはSサイズだし、ステムも9cmと長くないのに、なぜでしょう? 入れ方を間違えてるのかな。

中を覗くと、こんなふうです。

Ostrich Road 320 bike bag

真ん中がダウンチューブ。手前には、90度回転させたフォークが見えます。写真に写っていませんが、下のほうでは前後のホイールがトップチューブを挟んで立っています。

ロード320には、リア用のエンド金具が付属します。


エンド金具の使用方法(メーカーサイトより)


このエンド金具は、ほぼ必須だと思います。図のようにチェーンステーの後端を下にして置くので、リア・ディレーラーの高さ分だけクリアランスを確保する必要があるからです。ロード220は、ロード320とほとんど同じ構造ですが、エンド金具が付属せず別売りのようです。

その他の付属品は、中締めベルト(フレームと両ホイールを固定する)1本、肩掛けベルト1本、フレームカバー1枚です。チェーンカバーも付属すると書いてある記事を見受けますが、私が購入したものには付属していませんでした。メーカーカタログを見ても、付属品にチェーンカバーが含まれていません。おそらく、以前は付属していたけれど、付属しなくなったのでしょう。チェーンカバーを付ければ、袋の内側を汚さずにすむということでしょうか。それを気にしないのなら、不要な気がします。

別売りのスプロケットカバーも、同じく汚れを気にしなければ不要でしょう。メーカーの推奨のやり方では、スプロケットを内側にして後輪ホイールを収納します。そこで普通なら、スプロケットがフレームに当たって傷付けそうです。しかしロード320にはホイールを入れる内ポケットの仕切りがあり、ちょうどスプロケットまで隠れてしまうので、フレームに直接当たる心配も無さそうです。

付属のフレームカバーは、約12cm四方の布にベルクロを縫い付けたものです。中締めベルトでフレームとホイールを固定したときにフレームを保護するものだそうですが、私のロードバイクのフレームに巻くにはサイズが小さく、役立たずでした。フレームにもよりますが、万一の傷を防ぐには、もっと大きなウェスのようなもののほうが良さそうです。

エンド金具などの付属品を含め、実測779gでした。

 ◎かなり丈夫そう。
 ◎収納はホイールを外すだけ。かなり簡単。
 ◎収納時の占有面積が少ない。
 ○ホイール用の内ポケットがある。フレームとの仕切りになるので、少しだけ安心。
 △肩に掛けて持ち歩くのは、やっぱり大変。
 △おまけに、ベルトに肩パッドが無い。タオルが欲しい。
 ×少々かさばる。
 ×少々重い。

初めての輪行袋としては、まずまずでしょうか。あとは使うだけ。さて、どこへ出かけるかな・・・。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。