how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LXA-OT1メモ(その10)

LXA-OT1

バッテリー駆動してみた

工作内容を考えるところで終わった前回エントリの続きです。工作といっても、配線を繋ぐだけなので、問題なのはケースぐらい。常用するならLXA-OT1と同じタカチのHENシリーズがオシャレかとも思ったのですが、いかんせん高価だし、だいいち電池ボックス向きじゃない気がします。ケースに悩み始めると時間を食うので、とりあえず配線だけ済ませて鳴らしてみます。

ゲットした電池ボックスにはリード線が接続されていますが、あまりに細いので、これは交換することにしました。ラグを再利用する場合はいったん外すのが常道だと思いますが、接点部品のカシメがあまりに頼りなく、外すだけで破損しそうなので、既存のリードはニッパーで切断。そのまま、プラを溶かさないように手早くハンダ付けしてしまうという反則技(笑)に出ました。

18650バッテリーケース

4本のうち1本は使用しない予定なので、そのスペースにスイッチを追加します。プラス側の接点部品を外し、トグルスイッチに合わせて穴を広げればOK。すぐ左下の小さな穴は、左手に見えるオリジナルの配線穴をまねて開けたものです。

18650バッテリーケース

配線は、ジャンク箱から出てきたAC100Vケーブルを流用。写真には写っていませんが、反対側はもちろんDCプラグに結線しています。プラグのサイズは5.5φ×2.1φでした。

Soshineの18650はプロテクト回路の厚み分僅かに長いので、バッテリーのホールド具合がきつく、出し入れには少々苦労します。頻繁に出し入れしなければよいのですが。

18650バッテリーケース

ケースは後で気が向いたらまた考えることにして、今回はこれで出来上がり。ACアダプタと交換しながら、さっそく試聴してみました。LAXMAN印のオリジナルACアダプタは、ジャンク箱に放り込んだはずなのに見当たらず。^^; しかたないので、秋月12V4Aとの聞き比べです。あしからず。

実は一段のクオリティアップを期待していたのですが、結論から言うと、私の耳ではまったく違いが分かりませんでした。ノイズ、歪感はもちろん、音場感、空気感、気配のようなものまで含めて、ブラインドで差し替えても気が付かないレベルだと思います。

スイッチング電源でも不利が目立たない理由としては・・・

1. コンデンサ、エミフィルなどのノイズ対策が十分に機能している。
2. 秋月のスイッチング電源の出来が良過ぎ。
3. 再生装置の他の部分がショボいので、差がマスクされている。
4. 私の耳が悪過ぎるので、聴き分けられない。

3、4の可能性もおおいにありえますが^^;、ここは、1のノイズ対策が非常に巧くいっているのだと思いたいところです。2の可能性も皆無では無いと思います。オリジナルACアダプタではプラグ極性に音が敏感に反応していましたが、秋月のACアダプタではプラグ極性による差がほとんど無く、特にLXA-OT1改造後はほぼまったくといってよいほど、差が感じられなくなっています。

想像ですが、オリジナルのパーツ構成、オリジナルACアダプタのままなら、明らかな差が生じていたのではないでしょうか。オリジナルのLXA-OT1を持っていないので、確認のしようが無いのがちょっと残念です。

もうひとつ私の興味をそそったポイントは、駆動時間でした。実際に試してみると、これが予想以上に長い感じです。この記事のために再生不能になるまで試してみるつもりでしたが、連続再生24時間を過ぎたところで断念しました。再生不能になるどころか、音のクオリティが落ちる気配すらありません。

ちなみに当初12.30Vだった電圧が、24時間連続稼動後に11.37Vまで下がっていました。これぐらいの差なら、音の違いもほとんど無いでしょう。スタミナ抜群! LXA-OT1は9Vでも駆動できるそうなので、連続数十時間は余裕でクリアできそうです。

音に違いが感じられないので、バッテリーを使用するメリットは結局「余計なスイッチングAC電源を作動させないで済む」といった程度です。とはいえ、オーディオ用のタップからノイズ源をひとつ減らすという意味では、よいかもしれません。私はせっかく作ったので、このメリットに期待して、しばらくバッテリーで使ってみることにします。

あとは外で使いたい時に、電源を気にせずに済みますね。しかも状況によっては、音質アップさえ期待できます。オフ会とかでのLXA-OT1自慢に便利かも?(笑) ただし12V以上を確保できるバッテリー構成に限りますが。

つづく・・・?(いやいや、もういい加減に終わりにします。)


スポンサーサイト

赤外線温度計レビュー

Infrared Thermometer

触らずに測りまくる!

長らく更新が滞ってしまったので、いつものDealExtremeで以前に購入したガジェットから、小ネタをひとつご紹介。デジタル測定器シリーズ(?)第二弾!! 対象物に触れずに温度が測れる、赤外線温度計です。これが実に便利で、第一弾(??)として去年ご紹介した超音波メジャーと同じぐらい、いや、それ以上に買って良かったと思えるものでした。

使い方は、説明不要なほど簡単。先端を対象物に向けて、トリガーを引く。それだけです。超音波メジャーと同様、ガイドとしてレーザー光が照射されるので、正確にターゲットできます。(光源を人の目に向けたり、直接見たりしちゃだめですよ!)

Infrared Thermometer

計測は瞬時に終わります。液晶のバックライトが点灯し、"SCAN"の文字とともに温度が表示されます。1秒ぐらいで"SCAN"が消えれば、計測完了。トリガーを戻せば、数秒間表示したあとバックライトと温度表示が消えて、パワーオフになります。トリガーを離さずに引き続けると、最初にトリガーを引いてからの最大値が、画面の下のほうに"MAX"として表示されます。

これを書いている今日は、全国的に寒気に覆われているとかで、とても寒いです。暖房を入れていない自室もけっこう寒くて、ブルブル状態。外気に比べれば暖かいとはいえ、部屋の壁や天井に当ててみると、15度前後。こりゃー寒いや!と思いつつ自分の指先を測ったら、なんと17.7度! やばい。しもやけになりそう・・・などということも、一発で分かります。(笑)

手と身体を温めたくて、コーヒーを淹れました。猫舌なので、口をつける前に温度を測定(笑)。ちょうど70度ぐらいですね。冷たいクリームで温度調整しましょうか。・・・といった感じで、液体の温度も測れます。もちろん油の温度も測れるので、料理などにも便利です。いかにも工具というルックスがキッチンにはちょっとねぇ、という場合は、もっと小型で可愛いタイプも選べます。(のちほどご紹介。)

Infrared Thermometer

とにかく、目につくものなら何であれ、さくっと表面温度を測れます。直接手で触ることができないもの、たとえばDIYで塗装中の材料温度を測ったり、手で触ると危険なほど高温または低温なものを測ったりと、自由自在です。

いわゆる自作PCを手掛ける方なら、CPUやチップセット、VRM、ヒートシンクなどの表面温度を手軽にチェックできて、とても便利。PCの組み立てやチェックの際、必ず手元に置いておきたくなるアイテムのひとつです。(実は、私は真っ先にこの用途を想定して買いました。)

Infrared Thermometer

ノートPCのパームレストや底面の温度を測るのも簡単です。一度測定して自分なりの許容度を把握しておくと、新しい機種を検討するときなどに便利じゃないでしょうか。

下の動画は、私が撮ったものではなく、YouTubeでの拾いものです。本体のカラーリングが逆ですが、外観やスペック、動作を見ると同じモデルのようです。編集が上手で、とてもわかりやすいので貼っておきます。



パッケージの説明によると、計測できる温度範囲は摂氏マイナス32度から380度、精度はプラスマイナス2度、解像度は0.1度。赤外線の照射角度が一定なので、対象物までの距離によって計測範囲の大きさが変わり、30cmの距離で直径3.8cmの円形範囲、1.5mで13cm余りの範囲となるようです。

Infrared Thermometer

対象物までの距離の有効範囲はわかりませんが、ざっくり試した感じだと、近いものはいくら近くてもOK。逆に遠くは、20mほど離れた建物外壁に向けてトリガーを引いてみましたが、ほぼ正確に測れている感じです。外気温を知るための目安ぐらいにはなりそうですね。

電源は、"006P"とか"6F22"と呼ばれる四角い形の9V乾電池です。かれこれ半年以上入れっぱなしですが、とくに問題ないようです。

Infrared Thermometer

電池ボックスの内部には、ディップスイッチが2個あります。ひとつは、摂氏(度C)と華氏(度F)の切り替えスイッチ。もうひとつは、レーザーポインタのON/OFF切り替えスイッチです。類似の商品で、液晶の下にこれらのスイッチが設けられているモデルを見かけますが、いずれもそう頻繁に変える必要は無さそうですから、電池ボックスの中で十分でしょう。

Infrared Thermometer

赤外線温度計は、国内のお店でも販売されています。キッチン用の小型のタイプがだいたい1,500円前後から、ハンドルとレーザーポインタの付いた工具タイプが3,000円から、といったところでしょうか。

赤外線温度計(amazon)
赤外線温度計(楽天)

ところで、どうせお安く中国から仕入れたに違いない商品に「参考価格:¥9,000→価格:2,890、OFF:¥6,110 (68%)」などと表示するとは、どうなんでしょうね。ちょっと買い手を騙しているような気が、しないでもありません。

まあ国内で買っても、そう高いものじゃありません。でも急ぎでないなら、やはり自分で輸入するのがオトクです。商品はほとんど同じ(というか、全く同一のモデルも見つかる状態)で、値段は半額以下(送料込)から。

DealExtremeで「infrared thermometer」を検索

ちなみに、私が買ったモデルは、これです。

Digital InfraRed Thermometer with Laser Sight - Random Color (-32'C~380'C/26'F~716'F) $18.30

今のレートなら、1,500円もしません。この値段なら、使用頻度がさほどでなくても1本手元に置いておこうという気になりませんか?

ところが実際に買ってみたら、もう意味もなく、あちこち測りたくなるという不思議グッズ(笑)。いや真面目な話、温度を測るのに他の手段を考える気力が起きないほど、超便利なのでした。



Magicshineバイクライト 2011春の新製品

MJ-808のCREEバージョンと上位製品を投入

しばらく更新をサボっている間に、DealExtreme扱いのMagicshineバイクライトに、いくつか新税品が投入されていますので、まとめてご紹介します。(従来のラインアップは、過去記事のMagicshine バイクライト・カタログをご覧ください。)



① MJ-808E HA-III CREE XM-LT60 3-Mode 1000-Lumen LED Bike Light Set (4x18650)
 価格:$78.80(送料込、2011年6月末現在)


CREEの新しいLED、XM-LT60を採用したMJ-808の新バージョンです。

MJ-808E_boxMJ-808E_head


例によって「1000ルーメン」はドーピング表記(いわゆるバルブルーメンでの約1000ルーメン)と思われます。とはいえ、SSC P7バージョンの「900ルーメン」(これもドーピング(笑) )から、明るさが向上したことが伺えます。

商品構成は元祖MJ-808に近く、バッテリーと充電用ACアダプターはほぼ同一、点灯モードもHi→Lo→SOSで同じ仕様のようです。ランタイムは、Hiモードで3~4時間と幅を持たせた書き方になっています。従来バージョンはHiモードできっかり3時間でしたから、もしかすると多少改善しているのかもしれません。ACアダプターはUSプラグなので、日本でも問題なく使用できるはずです。



② MJ-870 Waterproof 3-CREE XP-G 4-Mode 1200-Lumen White LED Bike Light with Battery Pack Set
 価格:$126.70(送料込、2011年6月末現在)
③ MJ-872 Waterproof 4-CREE XP-G 4-Mode 1600-Lumen White LED Bike Light with Battery Pack Set
 価格:$145.30(送料込、2011年6月末現在)

CREE XP-Gを多灯化した新設計のヘッドユニットを採用し、MJ-808の上位に位置づけられる製品と思われます。MJ-870は3灯バージョン、MJ-872は4灯バージョンです。

MJ-870_boxMJ-870_head
MJ-870 Waterproof 3-CREE XP-G 4-Mode 1200-Lumen White LED Bike Light


MJ-872_boxMJ-872_head
MJ-872 Waterproof 4-CREE XP-G 4-Mode 1600-Lumen White LED Bike Light


以前「中華フラッシュライトのパクリ度」という記事でMJ-808とLupineのTesla 4という製品を比較しましたが、Lupinにはさらに上位製品として、LEDを多灯化したWilmaというシリーズが存在します。MagicshineにはWilmaと競合する製品がありませんでしたが、MJ-870・MJ-872は事実上、これに対抗する製品と言えそうです。ついに来たか!という感じですね。

商品構成は、ヘッドユニット、ハンドルバーマウント、バッテリー、充電用ACアダプタで、MJ-808と同様です。Oリングを使ったマウント方式も変わっていません。スペアのOリングも別売のMJ-808用のものが、そのまま使えそうな感じです。

製品スペックは、MJ-870が1200ルーメン、MJ-872が1600ルーメンとなっている以外は共通で、点灯モードは100%、70%、50%、30%の4種類。3灯のMJ-870でも4モードですから、LEDの同時点灯数で明るさを変えているわけではなさそうです。ただ、意味不明の"SOSモード"が無いのは良いとして、ストロボまで無くしてしまったのは、どうなのでしょうか。MJ-808のように、バッテリーのオールアウト前に段階的なストロボ点灯があるのかどうかも気になるところ。ユーザーコメントにも、そのあたりの情報はまだ上がっていないようですね。

ランタイムは100%点灯で2時間とのこと。MJ-808の実測結果を踏まえれば、Magicshineのメーカー表記ランタイムは、ほぼ信用してもよいのではないかと思います。ランタイムが欲しいときは、70%、50%、30%といろいろ選べるわけで、この仕様はなかなか実用的な気がします。

バッテリーパックは、一見したところ初代MJ-808同様の、布製ケースに収まるタイプ。この外観からは防水性能が気になりますが、今回はわざわざ商品名に「防水」と謳い、スペック表にも「IPX4」と明記されていますので、それなりの対策がなされているはず。もしそうだとすれば、アップグレード版のMJ-808に添付されていたアルミ製バッテリーケースに比べてずっと軽量に見えますから、これまでで最善の仕様と言えそうです。充電用ACアダプタは、いわゆるメガネタイプのコネクタを採用した新タイプで、USプラグのメガネケーブルが添付されています。

ユーザーレビューもまだアップされておらず詳細な評価は謎ですし、価格も上方にスライドしています。それでも、80円/ドルあたりをうろうろしている現在のレートで計算すれば、MJ-870が約10,100円、MJ-872でも約11,600円。相変わらず、この仕様でこの値段ですか! 私も思わずIYHしてしちゃいそうで、困ります。手持ちのMJ-808が壊れたわけでも無いので、もちろん、まったく必要ないのですが(笑)。

SSC P7のMJ-808とはエミッタも異るので性格の違うところも多少あるかもしれませんが、いずれにせよ、非常に気になる新製品ですね。




MagicshineバイクライトMJ-808レビューおよび関連記事:
Magicshine MJ-808 レビュー(その1)
Magicshine MJ-808 レビュー(その2)
Magicshine MJ-808 レビュー(その3)
中華フラッシュライトのパクリ度
MJ-808似か、Lupine似か?
Magicshine バイクライト・カタログ


KNOG BEETLE似ライトにブラックモデル追加

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light Black


2色のLEDをアソート、使いやそうなセット

被災地への支援も原発の状況もまだまだ先が見えない状況ですが、もうそろそろ地震の話一辺倒からは抜け出して、活力を取り戻さなければならない時期に来ていると感じます。

平時モードの第一弾として、いつものDealExtremeネタから。(またかよ!(笑))

昨年末にご紹介したKNOG BEETLE似ライトに、ブラックモデルが追加されていますが、これが、ちょいとイケてる感じです。

・2-LED 3-Mode White + Red Light Fog Bicycle Lights - Black (Pair/2*CR2032) $5.00

以前に購入した$5.73~$5.82のタイプでははく、$5.00のタイプ。商品説明によれば、微妙にサイズが大きめ、かつ22g→32.5gと僅かに重めなのですが、写真を見た感じでは全く同じに見えます。もっともパッケージから違うので、別モノであることは確かです。

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light Black


最初からCR2032ボタン電池が付属している点は、同じ。点灯モードも同じ3種類ですが、$5.73~$5.82モデルでは Slow > Fast > Steady On と表示されているのに対して、こちらは Steady On > Flickering > Fast Strobe と表示されています。Strobe はストロボで、Flickering は点滅。Slow > Fast と実質的に何が違うのかは謎です。

このセットの魅力は、同じブラックボディ×2個ながら、1個は白色LED、もう1個は赤色LED仕様だということです。

2-LED 3-Mode Fog Bicycle Light Black


私がオーダーしたときにはこの商品がまだ無かったので、リア用にレッドを買ったのですが、フレームが白黒+ブルーなので、きっとコチラのほうが似合うはず。1セットで両方手に入るというのも、ポイントがプチ高いのではないでしょうか。

別に困って無いけど、気になるので追加でまたオーダーしちゃいそうです。安いですし。


香港の私企業にも広がる支援の輪

Donate For Japan By DealExtreme

DealExtremeでもチャリティー販売

巨大地震、大津波、そして原発災害。東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、お見舞い申し上げます。そして救助、復旧、支援といった活動に携わっておられる方々の懸命の努力に、深く敬意を表したいと思います。


重いニュースに、続く原発災害の危機。連日の余震。しかし多忙を極めるプロジェクトには終わりが見えず、揺れる建物の中で電車が動かないと聞いても、どうせ仕事で帰れないから自分には無影響という始末。

それでも今日は久しぶりに全休し、自宅でのんびり。気晴らしに久しぶりに覗いたDealExtremeで、嬉しいバナーを見つけたのでご紹介しましょう。

helpjapan

Donate for Japan Earthquake - Hand in Hand with DX

2011年3月11日、リクター・スケール(マグニチュード)9.0を記録する巨大地震が日本の東海岸を襲い、この地震によって、破壊の爪跡とともに多数の死者や行方不明者を出す津波が発生しました。DXは本日、日本へ5.00米ドルの募金を行うことができる"deal"を開設いたしました。

1)この商品による売上の全額が、香港紅十字社(http://www.redcross.org.hk/en/home.html)を通じ、日本の災害救援努力を支援するために寄付されます。
2)あなたの寄付へのお礼として、DXは、DXロゴ入りのフラッシュライト(SKU 47821)をお送りします。
3)寄付の受付期間は、2011年3月17日(香港時間14:00)から2011年3月24日(香港時間14:00)までです。
4)より多くの寄付をご希望の方には、複数口のご購入もお受けします。
5)寄付の総額は、DXのフォーラム、ブログ、Facebook、ならびにDXによるその他のソーシャルネットワークにて随時更新されます。
6)あなたの寄付がどのように使われたかを示すため、DXは本活動終了後、DXフォーラム、ブログ、Facebookにて寄付支出の証拠を開示いたします。

あなた(の支援)が必要とされています。この困難を日本が克服できるよう、ご支援をお願いいたします。


個人での寄付をご希望の場合、香港紅十字社の寄付窓口はこちら:
https://donation2.redcross.org.hk/onlinedonation/user_donation.asp

最新の販売数を見るためには、このリンクをどうぞ:
http://www.dealextreme.com/help-japan-donation.aspx

または
http://www.facebook.com/note.php?saved&¬e_id=191729580866289&id=241333394220#!/notes/dealextreme/help-japan-we-are-together-hand-in-hand-with-dx-now/191729580866289

または
http://blog.dealextreme.com/donate-for-japan-earthquake-hand-in-hand-with-dx/

または
http://www.dealextreme.com/forums/Forums.dx/Forum.-100~threadid.853312


ちなみに、日本からの募金を受け付けているかは定かではありません。もし聞いたなら、たぶんOKと言われそうですが、結果的にはDXにも負担を掛けることになるので、趣旨を考えるとやはり躊躇しますね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。