how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュライト レビュー TR-801

TrustFire TR-801

TrustFire TR-801 Cree Q5-WC Flashlight

自転車ライトMJ-808は非常にパワフルですが、Lowに落としても、さすがに一晩は持ちません。また万一、充電忘れやバッテリー異常などが発生すれば、終わりです。そこで、いざというときのためのバックアップ用ライトを検討しました。

MJ-808と同時に購入したTANK007 TK-703は十分に明るいうえ軽量かつ超小型で携帯性が抜群なのですが、いかんせんランタイムが短か過ぎ、非常用にしかなりません。そこで同じCreeの高出力エミッタを採用し、もう少し容量の大きなバッテリーが使えるタイプを試してみることにしました。

選んだのは、TrustFire TR-801。バッテリーは18650リチウムイオン電池×1で、サイズが小振りな機種です。DealExtremeには、同じTR-801という型番のライトが3種類ラインアップされています。ガワは、たぶん同じ。違いはエミッタと制御回路です。

(1) TrustFire TR-801 Cree P4-WC 3-Mode 150-Lumen LED Flashlight (1*18650)
 $18.20
(2) TrustFire TR-801 Cree Q5-WC 230-Lumen LED Flashlight (1*18650)
 $13.07
(3) TrustFire TR-801 Cree Q5-WC 5-Mode Memory 230-Lumen LED Flashlight (1*18650)
 $14.57

(1)は、(2)(3)よりもグレードが低いエミッタなのに価格は逆に高く、わざわざ選ぶ意味は無いでしょう。時々こういう例があるので、要注意です。

(2)と(3)の違いは点灯モードの数だけのようです。(2)はシングルモード、(3)は Hi → Mid → Low → ストロボ → SOS の5モードを持っています。自転車にはモードが多いのも便利そうなので、(3)をオーダーしました。私が買った時には$15.41だったので、少し値下がりしています。

約3週間後、いつもの黄色い封筒でご到着。梱包も、いつものプチプチです。手前は、同時に手配した18650リチウムイオン電池。他の銘柄よりも高価ながら、評判の良いSoShine Protected 2800mAhです。

TrustFire TR-801

カラーは、よく"ガンメタ"と表現されますが、むしろ"チタン"に近いと思います。化粧リングは、DealExtremeの写真ではシルバーに見えますが、実際はゴールドでした。あまり好みではありませんが、ヘアライン仕上げなので嫌味は無いと言えるでしょうか。全体として重厚感のある仕上がりです。バッテリー込みの重量は、実測113gでした。

TrustFire TR-801

リフレクタはオレンジピール。スイッチは、蓄光タイプのクリックスイッチです。ネジにはOリングとグリスが、きっちりと仕込まれていました。

TrustFire TR-801

TANK007 TK-703と比較してみます。本体の長さは11cmほどです。TK-703と比べると大きいですが、フラッシュライトのなかでは小さい部類でしょう。18650リチウムイオンバッテリーは、単3を一回りほど大きくしたサイズです。MJ-808の専用バッテリーは、これを4本束ねたものというわけですね。

TrustFire TR-801

商品名に"5-Mode Memory"という文言が入っていますが、OFFの状態でクリックすると必ずHiで点灯するようです。点灯モードの切り替え操作はちょっと分かりにくいのですが、OFFにしてから約1秒以内にもう一度ONにすれば、次のモードで点灯します。メモリーというよりもダブルクリックというほうが、実感に近いと思います。ただしスイッチの押し込みストロークが深く、あまり軽快な操作感とは言えません。

もうひとつのやり方は、点灯中にスイッチを半押しにする方法です。半押しにした瞬間いったん消灯し、離すと次のモードで点灯します。素早い操作が可能で、このほうが使いやすいと思います。

照射サンプルです。条件は以下の通り。撮影場所の日中の光景はMagicshine MJ-808 レビュー(その2)をご覧ください。

・ISO400、F3.2、1/4秒
・色温度5,500K(晴天色相当)
・レンズ焦点距離17mm(35mm換算25.5mm)
・高さ約1mの位置にライトを装着し、カメラは1.2mぐらいの高さにセット
・中央手前のガードレールまで6m
・中央奥のガードレールまで16m

Lowモード。センターのスポット以外、全体に暗い印象です。飛ばすのではなく、手元の地図を見たりするためのモードでしょう。

TrustFire TR-801

Midモード。フラッシュライトとして十分に実用的な明るさです。Cree Q5 150-Lumen LED HeadlampのMidモードとよく似ていますが、センタースポットが少し大きく、周辺光ももう少し明るくなります。配光も自然でとても綺麗です。自転車用として評価するなら、真っ暗な場所では速度が制限されるが街中であれば何の問題も無い、といったところでしょうか。

TrustFire TR-801

Hiモード。非常に明るく、照射範囲の角度が狭い点を除いて、MJ-808のLowモード以上です。特に周辺光の明るさは、MJ-808のHiモードにも迫るものがあります。真っ暗な道でもこれならOK。バックアップとして申し分ありません。

TrustFire TR-801

ちなみにストロボとSOSは、Hiと同じ明るさで点滅します。それはよいのですが、ストロボは点滅サイクルが250Hzぐらいと速すぎて煩く、元が明るいだけに逆に躊躇してしまいます。SOSはゆったり点滅するのですが、"SOS"なので常用には向きません。このSOSというモード、中華フラッシュライトには実に多いのですが、いつ使うのでしょうね? 謎です。予想の範囲内でしたが、これら2つのモードは私には不要です。

最後に、Hiモードでランタイムを測定してみました。点灯開始後2時間は、体感で明るさの変化がほとんど感じられません。そこから少しずつ暗くなり、2時間半で50%、3時間で20%ぐらいでしょうか。実用点灯時間は、多少の照度低下を許容して、Hiモードで2時間半というところだと思います。

Midでのランタイムは未計測ですが、明るさの差がそれなりにあるので相応に長いでしょう。 Midのランタイムも測ってみました。4時間半ぐらいは、明るさに衰えが見られません。その後は次第に暗くなりますが、なんと6時間経過後も、体感で70%前後の明るさを保っています。Hiほどの眩しさではないにせよ、暗がりを自転車で走るには十分の、実用的な明るさです。18650×1本でこれなら文句の付けようがありません。

街中での数時間のライドなら、主にMidを使う前提で、バッテリーは1本で十分間に合います。ただし、Hiを多用したい場合は、予備バッテリーが欲しいところでしょう。またTK-703のような両刀遣いライトと違って、手持ちの予備バッテリーを使い切ったときに、コンビニの乾電池での緊急対応ができません。長時間の夜間ライドでは、このことにも注意しておく必要があります。

ともあれ、TR-801は私の自転車ライトのバックアップとして採用となりました。バッテリーが少し重ためですが、明るさを秤に掛けて考えれば納得のできる範囲です。ブラックのハンドルバーにイマイチ似合わないのも不満といえば不満ですけど、暗がりでは見えないし、日中は外しておけばよいだけです。

バイクへの取り付け方法はいろいろあると思いますが、私はUniversal Adjustable Bicycle Mount for Flashlightsを利用しています。$2.50以下と、大変手頃な価格です。中華カーボン2号さんがブログで紹介されている"ベルクロ交差法"で使うと比較的しっかりと固定できますし、それでも少しは動くベルクロは咄嗟に向きを変えるのに好都合で、なかなか便利です。


スポンサーサイト

フラッシュライト レビュー TK-703(その3)

TANK007 TK-703


極細サイズでも頼もしいフラッシュライト

TK-703 レビューの続きです。撮影場所と条件は以下のとおり。Magicshine MJ-808と同じです。

・ISO400、F3.2、1/4秒
・色温度5,500K(晴天色相当)
・レンズ焦点距離17mm(35mm換算25.5mm)
・高さ約1mの位置にライトを装着し、カメラは1.2mぐらいの高さにセット
・中央手前のガードレールまで6m
・中央奥のガードレールまで16m

単4 eneloopによる照射です。

ライト照射写真:TK-703(eneloop)

センターは非常に明るく、周辺への光の繋がりも穏やかです。照射範囲も十分で、ちょうど右手前の傾いたガードレールのあたりまで、広がっています。非常にニュートラルな白色光のMJ-808に比べると僅かに青味がかっていますが、単独で見ると気になりません。

続いて、TrustFire Protected 10440 リチウムイオン電池による照射です。

ライト照射写真:TK-703(li-ion)

さらに飛び、周辺も一段と明るくなります。ただしeneloopと比べて、肉眼で大きな差は感じません。どちらでも、懐中電灯として十分に実用的な明るさが得られる印象です。

非常に軽量かつ小型なので、ヘッドライトの予備を兼ねた作業用ライトとして自転車のサドルバッグに放り込んでおくには、ちょうど良いと思います。




フラッシュライト レビュー TR-801をアップしました。(2010年12月1日)


フラッシュライト レビュー TK-703(その2)

TANK007 TK-703

アルカリで公称値を超える(?)ランタイム

TANK007 TK-703 レビュー(その1)の続きです。単4アルカリ乾電池で、容量偽装のリチウムイオンとは全く異なる結果が得られました。だんだん暗くなりながら長時間点灯し続け、最終的には相当暗くなるものの、公称値の75分どころか2.5時間以上も点灯し続けます。

リチウムイオン4.2Vに対して1.5Vですから、初期の明るさは劣ります。ただ私には、電圧の差ほどの大きな差には感じられません。点灯後20分あたりでだんだん暗くなり始め、1時間後にはかなり暗くなります。暗がりで手元の本の文字を追うのに、ちょうど良い程度でしょうか。

2時間を経過した時点での点灯状態を撮影しました。肉眼に比べてデジカメのCCDはダイナミックレンジが狭いので、照らされている部分が、目視の印象よりも明るめに(暗い部分との差が大きく)映っています。実際は、この写真の3分の1ぐらいの感じですが、それでも用途によってはまだ実用になる明るさです。

TANK007 TK-703

このあとも僅かずつ暗くなってゆくのですが、あまりに長時間すぎて、2.5時間を経過したところで点灯を止めてしまいました。したがって、このまま放置して何時間後に消灯するのかは、わかりません。

使用した電池は、実験用途なので、かなり古いものです。メーカーはFDK。未使用で放置していたものですが、推奨使用期限はなんと2007年2月(!)でした。もはや液漏れ寸前と思われます。新しい乾電池を使えば、もう少し明るく長時間の点灯も期待できそうです。

これなら、メーカー公称値は嘘ではないと言えます。リチウムイオンのようにいきなり消灯するよりも、こちらのほうが使いやすいかもしれません。ただ、このフラッシュライトで、アルカリ乾電池の容量を使い切るまで点灯しても、あまり楽しくはなさそうです。

大容量のリチウムイオン電池があればベストだと思いますが、良質な10440リチウムイオン電池を入手するのは難しいでしょう。短時間しか持たないスプリンターと割り切って安物リチウムイオンを使うか、あるいは経済性と使いやすさの両立を狙って、エネループなどのNi-MH電池を使うのが良いかもしれません。

フラッシュライト レビュー TK-703(その1)

TANK007 TK-703


TANK007 TK-703 Flashlight


先日届いたフラッシュライトの買い物レビューです。TANK007 TK-703ライトから。

上のDealExremeの写真と比べると、本体は同じに見えますが、ストラップが変更され、オレンジ色の"TANK007"のロゴが入ったものになっています。

TANK007 TK-703

前回書いたとおり、本体のサイズは直径約15mm、長さ約80mm。かなり小さくて細いので、どこにでも収まり、邪魔になりません。重量はストラップ込みで実測約22g。電池がだいたい8~9gなので、合計30~31g。重すぎず軽すぎず、ちょうど手に馴染む重さで良い感じです。

スイッチは、テール部分のボタンをクリックするタイプ。ボタンは不透明でマットな黒いプラスティック製。常時点灯のみのシングルモードです。

DealExtremeから、スペックを引用します。

Brand:TANK007
Model:TK-703
Emitter Brand/Type:Cree
Emitter BIN:Q3-WC
Color BIN:White
Total Emitters:1
Battery Configurations:1 x AAA/1 x 10440 Ii-on battery
Voltage Input:0.8~4.2V, 4.2V max
Switch Type:Clicky (Clickie)
Switch Location:Tailcap (Tail-cap)
Modes:1
Mode Memory:-
Mode Arrangement:-
Circuitry:Digital Regulated 400mA Current Output
Brightness:110 lumens maximum brightness (manufactuer rated)
Runtime:75 minutes (manufactuer rated)
Lens:Coated Glass Lens
Reflector:Aluminum Smooth/SMO Reflector
Carrying Clip:-
Carrying Strap:Strap Included
Other Features:HA-III Finished


エミッタはCree製で型番の記載はありませんが、見た目ではXR-Eのようです。BINの表記Q3が正しいとすれば、12段階ぐらいあるグレードの中で下から3番目ということになります。350mAで93.9~100ルーメンのエミッタです。400mAと言っていますから、若干オーバードライブして110ルーメンということでしょう。当然バルブルーメンですが。

TANK007 TK-703

10440リチウムイオン電池、単4乾電池のいずれかが使用可能。私は TrustFire Protected 10440 600mAh を購入してみました。電池ボックス内部の端子を見ると、前方がバネ、後方が平板です。表記が無いので少し混乱しますが、電池は通常と同じ向きに、プラスを前方にして入れます。

TANK007 TK-703

ちょっと失敗だったのは、リチウムイオン電池の選択。同時に購入したのはProtectedタイプで、Unprotectedよりも少しだけ長さが長いのです。TK-703の電池ボックスはかなりぴったりに作ってあるらしく、電池蓋を閉めようとしても、1mmぐらい隙間が空いてしまいます。

本来このように閉まりますが・・・

TANK007 TK-703

電池を入れると、こんな具合。

TANK007 TK-703

これでは防水性能も落ちるし、何より見た目によろしくありません。分解して調整してみようと思いましたが、どうも接着されているようでエミッタ側もテール側も分解することができず、対処できません。Unprotedtedは取り扱いに非常に神経を使うのが難点ですが、収まりを重視するなら Unprotedtedを選択せざるを得ないかもしれません。例えば、これとか。

さて実際に10440リチウムイオンで点灯してみると、このサイズからは想像できないほど明るく、驚かされます。真っ暗な部屋の床に置いて天井を照らせば、8畳ぐらいの部屋だったら食事もできるぐらいでしょうか。人の目を直接照らすのは危険です。(比較の対象が無いので写真は今回載せません。今後の課題とします。) ちなみに、テーブルなどの平らな面の上なら、テール部分で自立します。

配光は DealExtremeの写真どおりの印象。正確には、さらに外側にもう1段暗い輪ができます。中央部と周辺のバランスがよく、手元を照らすのにも、少し遠くへ投げるのにも使えそうです。20~30mぐらいなら十分に飛びます。中央部、周辺部とも、ほぼ均一な明るさで、ダークスポットのようなものもありません。光の色は、嫌味のないニュートラルな白色光です。



10440リチウムイオン電池でのランタイムは、期待外れでした。満充電した状態(無負荷4.20V)からの連続点灯で、22~23分しか持ちません。だんだんと暗くなるのではなく、ほとんど暗くならずにいきなり消灯します。保護回路が働いているようです。点灯時間の短さを考えると、Unprotectedはやはり避けたいですね。しかし電池の容量表記がいい加減なのは承知していますが、単純計算で表記の半分の容量も無いという印象です。ライトのランタイムは、単4乾電池で確認してから、再評価したいと思います。再評価しました

結論としては、明るいけれどランタイムが短く、実用性は低いと言わざるを得ません。しかし暗がりでの思わぬ落し物探しぐらいの役には立ちそうですから、ポケットに1本忍ばせておくのも悪くないでしょう。電池切れに備えて交換用の電池を持つ手もありますが、いざとなれば単4での駆動も可能です。とはいえ、弾切れになったところで再装填するのは興覚めというもの。それなら、電池を装填した本体をもう1本用意しておくほうが、いっそスマートかもしれません。

このライトは、超コンパクトなサイズと綺麗な仕上がり、見かけを裏切る明るさを楽しむモデルのようです。

フラッシュライト レビュー TK-703(その2)をアップしました。(2010年10月29日)


香港からライトが届いた

DXの荷物


DealExtreme の Flashlight 2点

香港のDealExtremeに注文していたライト類が届きました。

サイズが少し大きいので、いつもの黄色封筒でなく白いビニール封筒。オーダー時の金額が 100USDを超えたとかで自動的に保険が掛けられ、書留扱いでの配達です。が、梱包の裏に張られた通関申告を見ると、なぜか合計 36.01USDになってます。しかも、しっかり"ギフト"だし。おかげで関税が掛からなかったのかもしれませんが、万一事故があっても、これだと全額は補償されないんじゃないでしょうか? まあ保険料負担など知れてますので(というか、ほぼ DealExtreme持ちなので)まったく気にはなりませんが。

customs declaration

まだ何も試してないので、製品のレビューは次回以降にして、今回は中身だけサクっとご紹介します。

TANK007 TK-703ライト。こんな箱に入ってました。(でも、ちょっと箱潰れ。)

DX_008.jpg

直径約15mm、長さ約80mm。一見して、仕上がりは良好。小さいだけに精密感があり、ちょっと洒落た小道具といった印象です。

TANK007 TK-703

TK-703に使える(はずの)10440リチウムイオン電池充電器、未開封の姿です。

Li-ionバッテリーと充電器

充電器に電池をセットすると、こんな感じ。この充電器は10440も正式に対応するのですが、溝に比べて電池が細いので、普通に差し込むと底に落ちてしまい、端子が接触しません。両方の端子がきちんと接触する高さになるように、ちょっと浮かせた状態でセットする必要があります。バネが固めなので、セットしてしまえば不安定な感じはしません。

充電中はインジケータLEDが赤く点灯し、満充電になると緑になるという、分かりやすい仕様です。ちなみに、説明書の類は一切入っていませんでした。

Li-ionバッテリーと充電器

バイク用ライトMagicshine MJ-808の外箱。旧製品とは価格も含めてほとんど同じですが、バッテリーケースの外観や仕様が変更されています。それに合わせて箱のデザインも変わったようです。厚手の紙製で、マグネットで蓋が閉まるという凝った箱ですが、無神経に梱包用テープが貼られ、角の部分などが少し潰れています。いつものDealExtreme流、健在です(笑)。

MJ-808 HA-III SSC P7-C

中身は、こんなふうに収まっていました。こちらも説明書は無し。これぐらいの価格の商品になると、さすがに簡単な紙切れ1枚ぐらい付けたほうがいいんじゃないかと思うのですが・・・やっぱり中華です。

MJ-808 HA-III SSC P7-C

箱から出したところ。思ったよりも品質感がありますが、さてさて、ちゃんと仕様どおりに動くことやら・・・。

MJ-808 HA-III SSC P7-C

次回に続きます。

フラッシュライト レビュー TK-703(その1)をアップしました。(2010年10月26日)
Magicshine MJ-808 レビュー(その1)をアップしました。(2010年11月4日)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。