how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見沼代用水サイクリング

見沼代用水

緑のヘルシーロード散策

ocean810さんのブログエントリに刺激されて、芝川CRから見沼代用水(東縁)を通って鴻巣あたりまで、ポタリングしてみました。(地図は、もちろん片道です。)



荒川河畔のレストラン「さくら」の脇から芝川CRを北上し、舗装路が途絶える県道103号付近で、見沼代用水沿いの「緑のヘルシーロード」へトラバーユ。このあたりの見沼代用水は、芝川を挟んで2本に分かれているらしく、それぞれ西縁と東縁と呼ばれています。通ったのは東縁のほうです。

途中で、川口自然公園や見沼自然公園など、いくつもの公園を通り過ぎます。先日も同じルートを走ったのですが、その日は見沼自然公園で折り返しました。時間の余裕もあるので、今日はもう少し先まで行ってみることにします。

JR宇都宮線を越えると、のびやかな田園風景が広がります。このあたりは川や水路が網の目のように走り、いたる所に橋や堰や水門が造られています。

上の写真は、ocean810さんが紹介されている、柴山伏越(しばやまふせこし)。元荒川という川の下を見沼代用水が潜るという、川と川との立体交差です。写真では分かりませんが、ちょうど橋の真下を、見沼代用水が通っています。

こうした構造物が、なんと江戸時代に作られたというのだから、驚くほかはありません。

見沼代用水

水路を交差させる構造物は、まだ他にもあります。ここは、西縁と東縁が分かれる地点の掛樋史跡公園。綾瀬川と見沼代用水の立体交差として造られた水路橋だそうです。

見沼代用水

空腹を感じてきました。だんだん脚がヘタってきて、もともとの鈍足がますます鈍ってきます。クロスバイクのお兄さんや、コルナゴに跨るお父さんに、どんどんカモられます。

見回しても食堂らしきものは無さそうだし、せっかくここまで来たのだからと、名物「ひもかわうどん」を食しに行ってみることにしました。もうひと頑張り! 目指すは、緑のヘルシーロード沿いの蕎麦屋さん「ちどり」さんです。

ちどり

玄関を開けるなり「ひもかわうどん、できますか?」と尋ねると、店のおやじさんが、にこにこしながら「できますよ!」。一日十食、限定なのです。「じゃあ、お願いします。ちょっと自転車を置いてきます。」

店内は田舎っぽくて、(私の場合は)とても落ち着けます。

ちどり

「奥の間に上がらせてもらっても、いいですか?」「どうぞどうぞ。ゆっくりしていってくださいね。」

ちどり

座敷でまったりとしていると、窓の外をローディの人が通り過ぎて行きます。あれ!さっきビューンと追い抜いていった、コルナゴのお父さんじゃないですか。うーむ、一時停止の姿さえサマになってます。速いと、カッコイイですよね。

ちどり

「お待ちどうさまでした!」 これが噂の、ひもかわうどん! 麺の幅が2センチぐらいあります。つけ汁は、きのこ汁。具材は、しめじ、えのき、エリンギ、それに豚肉など。

ちどり

麺は冷やしなのでやや水っぽく、つけ汁は見た目どおりの醤油とみりんベースで、とても素朴。洗練などという言葉は、およそ無縁と言えます。そして実際に食べてみると、見た目を裏切る大変なボリュームです。が、空腹の勢いで完食。正直、店を出てすぐにバイクを走らせるのが苦痛なほど、満腹になってしまいました。

掛樋史跡あたりで迷子になりながらも、いま来た道をひたすら南下します。日も暮れたので、芝川CRの途中からは街中をショートカット。本日のライド、往復でちょうど100.0km。平均速度は21.4km/hでした。




番外編。我が家の、本日の晩御飯です。あれほど満腹だったのに、どういうわけか、普通においしく食べてしまいました。

20101128

このあとさらに、文明堂のふんわりかすてらを一切れ。サイクリングのカロリー消費効果など、これじゃ、全く期待できません。どうしよう。


スポンサーサイト

手賀沼エコマラソン2010応援プチツーリング(+自転車レーンのこと)

台風は去ったけれど、ウェットな路面で泥だらけ

家人が手賀沼エコマラソンに出場するので、応援を兼ねて自宅から手賀沼まで往復してみました。荒川河川敷をしばらく走り、四ツ木橋から水戸街道を下ります。

新葛飾橋で小休止。

新葛飾橋

下は江戸川です。荒川よりも幅が狭いようですが、サイクリングロードがよく整備されています。さすがに今日は、人影もまばらでした。

新葛飾橋

水戸街道から手賀沼公園に入る交差点を見落としてしまい、1kmほど行過ぎて戻ります。会場に着いて、走る人たちや会場の雰囲気に久しぶりに触れ、自分も走ればよかったかなと少し後悔しました。この夏は全然トレーニングしていないのでタイムは狙えませんが、気温が低めで風も無く、とても走りやすそうなコンディションです。

このエントリのテーマは行き帰りなので(?)、会場の写真は省略します。

荒川まで戻ってきました。低く垂れ込めた雨雲で、スカイツリーの頭が隠れています。手前は四ツ木橋です。

四ツ木橋

ここからは荒川河川敷の遊歩道(サイクリングロードのように見えますが、正確には違うらしい)を、ひたすら走ります。しかし水捌けが悪い区間が多く、昨日からの雨で道幅めいっぱい川のような状態です。泥水が背中を濡らすので、あまり飛ばす気になれません。・・・ケツが冷てぇ!

せっかく先週念入りに洗車したのに、再び泥だらけ。仕方ないですね。

20101031004.jpg

往復で約75km。周りのクルマが気になり、河川敷よりも一般道のほうが総じてペースが速めですが、飛ばしても30km/hぐらい。車線幅が狭めなのか、渋滞区間でのすり抜けが難しく、すぐにペースが落ちてしまいます。河川敷は、水溜りは慎重に走り、乾いた区間で少し頑張り、でも僅かな向かい風に脚が負けて20~25km/h程度。信号待ちなどのストップ&ゴーを含めて、平均22~23kmでした。(停車中は計測を止めているので、除きます。)

ヘタレペースですが、いつも大体こんな感じです。

消えた自転車レーン

ところで、水戸街道の途中に、ほとんど消えかけた "自転車レーン" の跡があるのに気づきました。走行中で写真は撮れませんでしたが、松戸市から葛飾区あたりです。

片側2車線道路の路肩寄り1.5mほどの幅。しかし、ほぼ完全に消えかけています。おそらく何らかの理由で、廃止されたのに違いありません。この自転車レーンがもし生きていたなら、クルマのドライバーは少々窮屈な運転を強いられていたでしょう。しかし自転車乗りにとっては、嫌がらせの幅寄せや渋滞時のクルマの左側すり抜けに、今日の私ほど神経をすり減らすことなく走れたに違いありません。

「自転車レーン:6600キロ可能 主要道8割に設置容易」というタイトルのニュース記事を、初心者ロードレーサーさんのブログ "Road in New York" で知ったばかりですが、まさしく、そのニュースのイメージ図そのままでした。車道を分離した自転車レーンの設置については、構想はあってもそう単純に行かないだろうと私は予想しているのですが、その失敗の成れの果てを見たようで、複雑な思いです。

Road in New York:道路行政が人を殺す
http://schoin.blog91.fc2.com/blog-entry-255.html

Road in New York:自転車レーンと路肩の罠
http://schoin.blog91.fc2.com/blog-entry-256.html

サイクリングロードの罠、その後

修復状況


地域行政、万歳!

9月20日に書いた、危険なサイクリングロードの続報です。

上尾市役所への依頼が奏功して、早くも対処がなされました。結果は、写真で一目瞭然でしょう。

メールでお願いした翌日、電話で、「現場を確認しました。季節もちょうど良くなったばかりですから、サイクリングロードの利用者も増えるでしょう。新たな事故が無いように、一日でも早く対応したいと思います」とのご回答を頂いたのでした。それから工事完了まで、僅か10日足らず。

お願いしてみるものですね。上尾市関係各署の方々と、ご担当のS氏に、感謝です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。