how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e3グリップの効果・その後

e3グリップ

e3グリップのメリットは、グリップを握ったときのプラシーボ効果ではないかと書いた私ですが、実は家人が実際に購入して試しているので、印象を簡単にレポートしておきます。使用したのは、ニシスポーツ扱いの国内正規品Sサイズ(女性・ジュニア用)です。

本人は、いわゆる市民ランナーのひとりなのですが、少し前に膝を故障し、ほぼまったく走れなくなっていました。

複数の医療機関で診察をしてもらったものの、なんと所見が一定せず、治療のメドも立ちません。(MRIまで撮って痛みの原因を特定できないこともあるんですね。) そこで、スポーツ障害を得意とする何人かの整体師に相談した結果、(痛みの直接の原因はともかくとして)ランニングフォームの左右差が大きいことを指摘され、それを直さなければ故障も治らないという感触を得たのでした。

フォームと左右のバランスに注意して歩くことから始め、その後数ヶ月ほど掛けて、ごくゆっくりとしたペースでの短距離ランでフォームの矯正を試みた結果、少しずつですが痛みが引き始め、ようやく何とか走れるようになってきました。現時点では、あまり無理をせずにゆっくり10km程度なら不安なく走れるところまで、回復しています。

この過程で活用したのが e3グリップでした。症状の改善と e3グリップとの因果関係は明確ではありませんが、ちょうどフォームを意識したウォークとスローランに取り組みはじめたのとほぼ同時に e3グリップを使用し始め、それ以来、次第に症状が緩和されてきたことは事実です。

宣伝ビデオのように、ただ e3グリップを握っただけでフォームが改善したのかというと、そうではないと思います。もともと意識的にフォームへの注意を払っていますし、ウォークやスローラン以外にもフォーム改善のためのさまざまなトレーニングを試しています。

ただ同じランでも、普段は握らないモノを握って走ることで、フォームをより意識しやすくなるようです。そして、その効果が意外と馬鹿にできないのではないかと思います。左右に同じものを握ることも大切で、手の振り方や手首の向きが左右で異なるときに、そのことを自分で把握しやすくなります。

もうひとつは e3グリップを握っているという事実から受ける、心理的な安心感でしょうか。前回紹介した Mel Siffのブログでも指摘されているように、グリップを握った手から受ける刺激で、他の部位の痛みを感じにくくなる可能性もあると思います。ただし、これこそプラシーボ効果そのものであって、上記の"フォームを意識させる効果"とは裏腹かもしれません。あまり安心してグリップに頼ってしまうと、結果的にフォームへの意識付けが失われるリスクもありそうです。

ここからダウンロードできるe3グリップの取扱説明書に、次のような指示があります。

■正しい腕の振り方
1. 腕を振るときは、体の前面でクロスしないように、体側と平行に腕を振ってください。
2. 腕を振るときは、肘を90度に曲げ、肘から後ろに引っ張るように、また、肘が体側から離れないように脇をしめ、振ってください。
3. 両腕の振りの大きさが、同じ高さになるように心がけてください。
4. 肩を安定させ、体軸がブレないようにし、コアスタビリティに気を配ってください。
5. 目線は10メートルぐらい先に、膝は進行方向に進めてください。

これをきちんと守れるなら、e3グリップを握ろうが握るまいが、そこそこ左右のバランスが取れて(取れたように見えて)、それなりに綺麗なフォームで走れるのではないでしょうか。

気分を変えるために何かを握るのは良いかもしれませんが、べつに e3グリップでなくても良いはずです。しかし e3グリップは、さんざん宣伝されています。その内容が仮に全てでっち上げだったとしても、あまり疑いを差し挟まずに信じるなら、プラシーボ反応を引き出す一定の効果を期待できるでしょう。また実際のところ、市場に e3以外の類似製品を見かけないので、この手のグリップが欲しければ自然とe3グリップを購入することになります。

ちなみに、"全身のアライメントを整え、肩こりの改善、予防につながる"とも宣伝されていますが、残念ながら、これはダメでした。以前に比べて、より頻繁に肩こりを訴えています。もしかすると、フォームの矯正のために、無駄に肩に力が入っているのかもしれません。だとしたら、ちょっと本末転倒ですね。

私自身は、e3グリップのあまりの宣伝ぶりに辟易していて、逆プラシーボ効果になりそうなので(笑)、自分で購入するのは止めてしまいました。しかし、せっかく故障の痛みが緩和してきたところに水を差すようなことはしたくないですし、本人が"その気になって意識"するのであれば、それはそれ。きっと全く無意味というわけではないでしょう。

ところで、Amazonにも出品している e3グリップ販売代理店のサイト、TEAM e3ホームページのトップには、こう書かれています。

「医療の最先端国アメリカで生まれた健康器具。 」

"医療器具"とはどこにも書いてないのに、いかにも医療的な臨床テストで認められたかのような印象を与えるではないですか。もともと無関係な2つの言葉、"医療の最先端国"と"健康器具"をただ繋ぎ合わせただけですが、巧みなコピーライティングですね。





関連記事

e3グリップの効果(2010年10月05日)
パワーバランスとは何か?(2010年10月16日)
ホメオパシーなもの(2010年10月28日)
コピーと偽物 Vibram Five Fingers Shoes(2011年01月08日)



関連記事

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

こんにちわ

私は「アレって本当に効果あるの?blog」というブログの管理人です。

私のブログでは、(Googleブログ検索で見つけた)巷で話題の商品等をお試しになった方のブログ記事の中で、他の方が読んでも参考になると思った記事のリンク集を作成していまして、勝手ながらこちらの記事をリンクに加えさせていただいてます。
もしも迷惑になる様でしたらすぐにリンクを削除いたしますので、お手数ですが当ブログのコメントまでご連絡をいただけますでしょうか?

よろしければ、これからも記事をリンクさせていただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アレって本当に効果あるの?blog | URL | 2011年12月20日(Tue)11:39 [EDIT]


ありがとうございます

macnutsさま、ブログまでコメントありがとうございました。ありがたく記事をリンクさせていただきます。

SEVのことは始めて知りました。興味深いですね。
口コミが気になります。

パワーバランスは当ブログでも記事をUPしたことがあるのですが、効果のほどは・・・お使いになる方によってまちまちの様です。

アレって本当に効果あるの?blog | URL | 2011年12月21日(Wed)21:40 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。