how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュライト レビュー TK-703(その1)

TANK007 TK-703


TANK007 TK-703 Flashlight


先日届いたフラッシュライトの買い物レビューです。TANK007 TK-703ライトから。

上のDealExremeの写真と比べると、本体は同じに見えますが、ストラップが変更され、オレンジ色の"TANK007"のロゴが入ったものになっています。

TANK007 TK-703

前回書いたとおり、本体のサイズは直径約15mm、長さ約80mm。かなり小さくて細いので、どこにでも収まり、邪魔になりません。重量はストラップ込みで実測約22g。電池がだいたい8~9gなので、合計30~31g。重すぎず軽すぎず、ちょうど手に馴染む重さで良い感じです。

スイッチは、テール部分のボタンをクリックするタイプ。ボタンは不透明でマットな黒いプラスティック製。常時点灯のみのシングルモードです。

DealExtremeから、スペックを引用します。

Brand:TANK007
Model:TK-703
Emitter Brand/Type:Cree
Emitter BIN:Q3-WC
Color BIN:White
Total Emitters:1
Battery Configurations:1 x AAA/1 x 10440 Ii-on battery
Voltage Input:0.8~4.2V, 4.2V max
Switch Type:Clicky (Clickie)
Switch Location:Tailcap (Tail-cap)
Modes:1
Mode Memory:-
Mode Arrangement:-
Circuitry:Digital Regulated 400mA Current Output
Brightness:110 lumens maximum brightness (manufactuer rated)
Runtime:75 minutes (manufactuer rated)
Lens:Coated Glass Lens
Reflector:Aluminum Smooth/SMO Reflector
Carrying Clip:-
Carrying Strap:Strap Included
Other Features:HA-III Finished


エミッタはCree製で型番の記載はありませんが、見た目ではXR-Eのようです。BINの表記Q3が正しいとすれば、12段階ぐらいあるグレードの中で下から3番目ということになります。350mAで93.9~100ルーメンのエミッタです。400mAと言っていますから、若干オーバードライブして110ルーメンということでしょう。当然バルブルーメンですが。

TANK007 TK-703

10440リチウムイオン電池、単4乾電池のいずれかが使用可能。私は TrustFire Protected 10440 600mAh を購入してみました。電池ボックス内部の端子を見ると、前方がバネ、後方が平板です。表記が無いので少し混乱しますが、電池は通常と同じ向きに、プラスを前方にして入れます。

TANK007 TK-703

ちょっと失敗だったのは、リチウムイオン電池の選択。同時に購入したのはProtectedタイプで、Unprotectedよりも少しだけ長さが長いのです。TK-703の電池ボックスはかなりぴったりに作ってあるらしく、電池蓋を閉めようとしても、1mmぐらい隙間が空いてしまいます。

本来このように閉まりますが・・・

TANK007 TK-703

電池を入れると、こんな具合。

TANK007 TK-703

これでは防水性能も落ちるし、何より見た目によろしくありません。分解して調整してみようと思いましたが、どうも接着されているようでエミッタ側もテール側も分解することができず、対処できません。Unprotedtedは取り扱いに非常に神経を使うのが難点ですが、収まりを重視するなら Unprotedtedを選択せざるを得ないかもしれません。例えば、これとか。

さて実際に10440リチウムイオンで点灯してみると、このサイズからは想像できないほど明るく、驚かされます。真っ暗な部屋の床に置いて天井を照らせば、8畳ぐらいの部屋だったら食事もできるぐらいでしょうか。人の目を直接照らすのは危険です。(比較の対象が無いので写真は今回載せません。今後の課題とします。) ちなみに、テーブルなどの平らな面の上なら、テール部分で自立します。

配光は DealExtremeの写真どおりの印象。正確には、さらに外側にもう1段暗い輪ができます。中央部と周辺のバランスがよく、手元を照らすのにも、少し遠くへ投げるのにも使えそうです。20~30mぐらいなら十分に飛びます。中央部、周辺部とも、ほぼ均一な明るさで、ダークスポットのようなものもありません。光の色は、嫌味のないニュートラルな白色光です。



10440リチウムイオン電池でのランタイムは、期待外れでした。満充電した状態(無負荷4.20V)からの連続点灯で、22~23分しか持ちません。だんだんと暗くなるのではなく、ほとんど暗くならずにいきなり消灯します。保護回路が働いているようです。点灯時間の短さを考えると、Unprotectedはやはり避けたいですね。しかし電池の容量表記がいい加減なのは承知していますが、単純計算で表記の半分の容量も無いという印象です。ライトのランタイムは、単4乾電池で確認してから、再評価したいと思います。再評価しました

結論としては、明るいけれどランタイムが短く、実用性は低いと言わざるを得ません。しかし暗がりでの思わぬ落し物探しぐらいの役には立ちそうですから、ポケットに1本忍ばせておくのも悪くないでしょう。電池切れに備えて交換用の電池を持つ手もありますが、いざとなれば単4での駆動も可能です。とはいえ、弾切れになったところで再装填するのは興覚めというもの。それなら、電池を装填した本体をもう1本用意しておくほうが、いっそスマートかもしれません。

このライトは、超コンパクトなサイズと綺麗な仕上がり、見かけを裏切る明るさを楽しむモデルのようです。

フラッシュライト レビュー TK-703(その2)をアップしました。(2010年10月29日)


関連記事

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。