how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIMEのペダルが壊れた

iCLiC、耐久性イマイチか

日曜日の小雨ライドで自転車が泥だらけになったので、いつものようにペダルから掃除を始めたところ、左のペダルの外見が、少しおかしいことに気づきました。

外してみました。写真は前方からのショットなので、左右が逆になります。写真奥のヒールキャッチの角度が、左側(右ペダル)は水平で、右側(左ペダル)は外側に傾いているのが、分かるでしょうか。

TIME ICLIC RACER

左ペダルを、裏返してみます。

TIME ICLIC RACER

斜め方向から、もう1枚。ヒールキャッチを支える軸受けの片方が割れて、キャッチが軸から浮き上がっていました。完全に破損しています。

TIME ICLIC RACER

左側通行なので、左のビンディングの付け外しの頻度が圧倒的に高くなります。そういえば、日曜日の帰り道、いつもの軽快なキャッチ音が、左だけ、あまりはっきりと聞こえませんでした。そのときには、すでに壊れていたのでしょう。

マラソン大会の会場でクリートが泥だらけになり、かなり落としたつもりでしたが、幾らか泥が残っていたのは事実です。そのまま乗ったのが良くなかったのでしょうか。それとも、外すときに斜め方向に力が掛かったせいでしょうか。

使用感や外観はとても気に入っていましたが、耐久性は思ったほど高くなかったようです。使い始めてまだ200kmも乗っていないのに、がっかりです。



iCLiC関連記事:
海外通販の快適さ(2010年11月20日)


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。