how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュライト レビュー TK-703(その3)

TANK007 TK-703


極細サイズでも頼もしいフラッシュライト

TK-703 レビューの続きです。撮影場所と条件は以下のとおり。Magicshine MJ-808と同じです。

・ISO400、F3.2、1/4秒
・色温度5,500K(晴天色相当)
・レンズ焦点距離17mm(35mm換算25.5mm)
・高さ約1mの位置にライトを装着し、カメラは1.2mぐらいの高さにセット
・中央手前のガードレールまで6m
・中央奥のガードレールまで16m

単4 eneloopによる照射です。

ライト照射写真:TK-703(eneloop)

センターは非常に明るく、周辺への光の繋がりも穏やかです。照射範囲も十分で、ちょうど右手前の傾いたガードレールのあたりまで、広がっています。非常にニュートラルな白色光のMJ-808に比べると僅かに青味がかっていますが、単独で見ると気になりません。

続いて、TrustFire Protected 10440 リチウムイオン電池による照射です。

ライト照射写真:TK-703(li-ion)

さらに飛び、周辺も一段と明るくなります。ただしeneloopと比べて、肉眼で大きな差は感じません。どちらでも、懐中電灯として十分に実用的な明るさが得られる印象です。

非常に軽量かつ小型なので、ヘッドライトの予備を兼ねた作業用ライトとして自転車のサドルバッグに放り込んでおくには、ちょうど良いと思います。




フラッシュライト レビュー TR-801をアップしました。(2010年12月1日)


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。