how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュライトレビュー Cree Q5 Headlamp(その1)

Cree Q5 headlamp

明るそうなヘッドランプを買ってみた


ちっちゃくて明るいフラッシュライトTK-703を手に入れたのがちょっと嬉しくて、ある夜、真っ暗闇の荒川CRでジョグしようと連れを誘ってみました(←バカw)。

夜の河川敷は暗過ぎて見えないからと普段は断固拒否されるのですが、この日は珍しく乗ってきます。ふと見ると、私のライトで思い立ったのか、彼女は手持ちのトレラン用ヘッドランプで武装しているではないですか。一緒に走ってみると、両手が空くのはたしかに楽ちんで便利そうです。・・・なるほど、その手があったのか!

ヘッドランプの存在、もちろん知らないわけではなかったのですが、山の中ならばともかく街中では気恥ずかしい気がしていたのです。しかし真っ暗な河川敷では、むしろ実用性の高さが際立ちます。

帰ると早速、DealExtremefocalpricekaidomainで、お目当ての品を探しまくる自分がいました。品揃えが良いのは、やはりDealExtreme。候補はいくつも挙がりましたが、仕様と価格を比較し、ユーザレビューをつらつらと眺めて、選んだのはこの一品。


Cree Q5-WC 3-Mode 150-Lumen LED Headlamp (3*AAA)


150ルーメンは眉唾だとしても、Cree Q5なら、そこそこの明るさは期待できます。

誇らしげにパッケージに記された"WATER RESISTANT"の文字を試さんがために、light upのままボウルにまるごと漬け込む(!)大胆なビデオがYouTubeにアップされていたことも、理由のひとつ。(良い子は真似をしないように。)



また単4×3本というバッテリー構成は、意外と容量・重量バランスが良い気がしました。本数が中途半端な感は否めないものの、そこは単4×1本のTK-703と同時に運用すればよいわけです。

実はちょっとした不安もあったのですが(後述)、まぁ価格が価格ですからね。この際、Cree Q5の明るさを見てみたい好奇心が優先です。

・・・2週間後。届いたパッケージを、さっそく開封いたします。

Cree Q5 headlamp

いつものように、メーカー名、取扱説明書、保証書はどこにも、ありません。買ってから気づきましたが、Model No. SF-H001だそうです。この型番で調べてみると、"SpiderFire 220 Lumen CREE LED Head Light"としてeBayに出品されていた形跡が見つかりました。ルーメン表記が異なり気になりますが、eBayの商品ページには写真が無く、詳細は謎です。

それから、ベルトにはDealExtremeの商品写真とは異なる"GARRITY"のロゴが入っています。半信半疑でググってみると、なんと、その名前のライトメーカーがアメリカに実在するではありませんか。ロゴも一致しています。さては、この会社の名前とロゴを騙ったか、OEM品を横流ししたか、そのいずれかに違いない!(もし正規にライセンスしてたら、ごめんなさい。)

リフレクタはスムーズなタイプ。レンズ(ではなく平面ですが)は樹脂製。Q5かどうかはともかく、エミッタはたしかにCreeのようです。

Cree Q5 headlamp

バッテリーケースは、ちょっと凝った作りをしています。

Cree Q5 headlamp

OPENの方向へ捻ると・・・

Cree Q5 headlamp

このように、リッド(蓋)が外れます。リッド内には、接点のスプリングと防水用のOリングが取り付けられています。

Cree Q5 headlamp

単4のeneloopを3本装填すると、こんな感じになります。なかなかクール!

Cree Q5 headlamp

ところが実はこのバッテリーケース、困った欠点を2つほど抱えています。

ひとつは、電池室のサイズがキツキツで、電池を取り出しにくいこと。eneloopとアルカリの数種で試してみましたが、どれでも似たような感じです。特に中央の1本は本当にきつく、蓋を外して本体ごと、例えば膝の上で強めにトントン叩いて慣性で電池の頭を出し、あとは指で強くつまんで引き出すはめになります。はっきり言って、使いにくい。

もうひとつは、リッド側のツメがすぐ割れて、バッテリーケースが使い物にならなくなると不評なこと。これはユーザの書き込みで購入前に知っていたのですが、性能(の期待値)と価格の魅力に負けて、人柱モードでトライしてみました。慎重に開け閉めしていますが、さて・・・何回まで耐えてくれることやら。

バッテリーとベルト込みの総重量は130gと、見た目のわりには、まずまず軽量でした。ベルトの長さも私には適切で、縦ベルトのおかげか走ってずれるようなことも無く、なかなかステキな装着感だと思います。




フラッシュライトレビュー Cree Q5 Headlamp(その2)をアップしました。(2010年11月17日)


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。