how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Garmin Forerunner 610 開封編

Garmin Forerunner 610

Unboxing Forerunner 610

wiggleでオーダーしてから、おおよそ1週間で到着。送料は無料、関税と消費税も掛からなかったので、今回の支払いは純粋に商品代金だけでした。

早速、パッケージを開封してみます。

まずは、どうでもよいことから。外箱の雰囲気が変わりました。Forerunnerに限らずEdgeシリーズなども含めて、私の知る限り、従来のGarmin製品はブラック+ブルー基調なのですが、610の外箱はブラック一色です。

下の写真で、左が610、右が405。箱のサイズも小さくなっています。心拍計バンドルパッケージのはずだけど本当に入っているのか、心配になります。(笑)

Garmin Forerunner 610

小さな箱に、付属品がこれだけ詰め込まれていました。

Garmin Forerunner 610

左が心拍計の本体(上)とベルト(下)、ANT+スティック(中)、右が充電用ACアダプタ本体、英国用プラグ(上)、EU用プラグ(中)、そして充電用USBケーブル(下)です。

ヨーロッパ向けパッケージなので、例によって日本(米国)タイプの電源プラグは含まれませんが、汎用のUSB ACアダプタが使えるので特に支障は無いでしょう。405用のACアダプタも、おそらくそのまま使えると思います。

クイックスタートマニュアルも、欧州各国語で10冊ぐらい付いています。(笑) オーナーズマニュアルは付属CD-ROMに収録。

Garmin Forerunner 610

本体を取り出して、405と比較してみました。610の液晶表示は、サンプルとして保護ステッカーに印刷されているものを剥がしていないだけで、本物ではありません。

Garmin Forerunner 610

本体のサイズはほぼ同じですが、液晶パネルの直径が405よりも僅かに小さいようです。またサンプルのように画面を3分割すると、一番大きな中央部の文字でも、405よりやや小さめに表示されることが分かります。比較写真を撮り忘れましたが、本体の厚みは405よりもやや薄くなっていて、スマートな印象です。ベルトは405と形状が異なり、互換性はありません。

ANT+スティック(データ通信用USBコネクタ)は、405付属のものと同じようです。405のものが壊れるか紛失しない限りは、たぶん使わないでしょう。

Garmin Forerunner 610

心拍計は、新しいプレミアムタイプになりました。

Garmin Forerunner 610

充電用USBケーブルのデザインも変更されました。410までのクリップ方式ではなく、強力なマグネットで本体裏面に張り付ける方式です。

Garmin Forerunner 610

405のクリップは、なにやら本体に噛み付いているようで可愛いのですが(笑)、位置ずれには敏感で、まれに接触不良で充電に失敗することもありました。この問題を改善するため、610では充電ケーブルの接続方法を変更したのだそうです。

ところで、Forerunner 400シリーズは充電1回あたりの稼働時間が8時間とやや短めでした。フルマラソンには問題ありませんが(私のように時間が掛ったとしても(笑) )、それを超えるとバッテリーが持たないケースも出てきます。このため、ウルトラマラソンなど長丁場のレースでは、USB充電クリップと外付バッテリーを併用して充電しながら走るというワザを使う方がいらっしゃるようですね。

Forerunner 610も残念ながら(少なくともカタログスペック上)稼働時間が延びていないのですが、充電しながら走る場合の安定性は、大幅に改善しているのではないかと思います。

充電時の405はこんなふうですが・・・

Garmin Forerunner 405

・・・610だと、こんな感じです。

Garmin Forerunner 610

マグネットが仕込まれている部分の厚さは、約6.5mm。この厚みぶん膨らむとはいえ、405に比べるとフラットな形状ですし、液晶画面がクリップで遮られることがありません。ケーブルも側面の方向(Forerunnerを装着したとき腕の手前側)に出る形になって好都合です。正しい位置に張り付けさえすれば、簡単に位置ずれが起きたりする心配も無さそうです。

そして、充電ケーブルのマグネットを吸着させるため、本体裏側のケーシングがFRP樹脂から金属に変更されています。

Garmin Forerunner 610

この金属製の裏蓋の加工の美しいこと! 個人的には、外観上でもっともそそられるポイントでした。

・・・いや、実用性には全然、関係無いんですけどね。(笑)


使用してのインプレッションは、次回以降に書くことにします。


関連記事

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

お聞かせください

610の奮闘記興味深く、楽しく読ませていただきました。

現在ガーミン405を現在使用中なのですが、610の購入を検討中です。

質問なのですが、405の心拍計(バンド)は610でも使えますでしょうか?
(認識・互換性)はあるでしょうか?

検索したのですが、見つからず、ここに書き込みさせていただきました。

ran蘭 | URL | 2013年05月04日(Sat)19:43 [EDIT]


Re: お聞かせください

ran蘭様、こめんとありがとうございます。

互換性、ありますよ。405、610、910などの心拍計は、ノーマル、プレミアムのいずれのタイプも、どのモデルでも使えます。フットポッドなども共用できると思います。

macnuts | URL | 2013年05月05日(Sun)09:04 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。