how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LXA-OT1メモ

LXA-OT1

雑誌付録で遊ぶ

どうせ無駄遣いのオンパレードになりそうだからと、パスを決め込んでいたのですが・・・。

デジタルアンプがおまけに付いた、雑誌Stereo 2011年12月号。実は、年末にふと立ち寄った近所の書店に1冊残っているのを偶然見つけて、つい買ってしまったのでした。

LXA-OT1はもう去年からあちこちにアップされているので今更なのですが、自分用の記録として書き留めておくことにしました。・・・でも、ブログテーマに合わないので、ごく簡単に。

件のアンプは、むき出しの基板に薄い透明プラのカバーが付いただけの状態です。こんなカバーは要らないという評もあるようですが、私は意外と嫌いじゃありません。実用性はともかく、まるで結界のようで面白いデザインじゃないでしょうか。まあ、音が気に入れば別のケースに入れるに決まってるので、あまり関係ないですけどね。

LXA-OT1

とりあえず、ノーマル状態で聴いてみました。

2日ほどエージングした後の印象は「とても、よくできている!」というもの。きわめてウェルバランスで十分なレンジ感があり、音量も不足なし。(キット組みのDACを入力に、4Ωフルレンジをドライブ。) ぱっと聴いて耳に付くような、嫌味な音がありません。むしろデジタルアンプらしからぬ、落ち着いた温かみさえ感じさせる音は、さすがラックスマン。聴き流しだとか小音量で鳴らす程度の使い方なら、文句の付けようも無いでしょう。少なくとも雑誌のおまけとは、とても思えません。なかなかのハイCP。

とはいえ、もちろん不満が無いわけではありません。すぐに気が付くのは、高音、低音とも量感は十分ながら、少々粗雑なこと。高域には妙な刺激が付き纏い、低域はだらしなく膨らみます。さらに気になるのは、べたっと二次元的な鳴り方をすること。音場感には全く欠けていると言わざるを得ません。

簡単にいじれるところで、まずは電解コンデンサを全部、取っ払いました。

LXA-OT1

元のはCapxonという銘柄の、すべて同一のタイプ。調べてみると、どうやら台湾製の汎用品のようです。

LXA-OT1

定数はいじらず、秋月で安かったニチコンFGと、デカプリング系にはPWやら超低ESR品やらを見繕って入れてみました。おっと、足りなくなって一部Capxonを戻したり。(笑)

LXA-OT1

高域、低域の刺激が和らいで、かなりスムーズになりました。明らかに望ましい方向への変化ですが、しかし十分とは言えず。音離れの悪さもそのままです。これだと、コストを掛けてケースに入れる気には、ちょっとなれないなぁ。

思い立って、インダクタを買出しに行くことにしました。つづく・・・。



関連記事

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。