how's it goin' ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LXA-OT1メモ(その10)

LXA-OT1

バッテリー駆動してみた

工作内容を考えるところで終わった前回エントリの続きです。工作といっても、配線を繋ぐだけなので、問題なのはケースぐらい。常用するならLXA-OT1と同じタカチのHENシリーズがオシャレかとも思ったのですが、いかんせん高価だし、だいいち電池ボックス向きじゃない気がします。ケースに悩み始めると時間を食うので、とりあえず配線だけ済ませて鳴らしてみます。

ゲットした電池ボックスにはリード線が接続されていますが、あまりに細いので、これは交換することにしました。ラグを再利用する場合はいったん外すのが常道だと思いますが、接点部品のカシメがあまりに頼りなく、外すだけで破損しそうなので、既存のリードはニッパーで切断。そのまま、プラを溶かさないように手早くハンダ付けしてしまうという反則技(笑)に出ました。

18650バッテリーケース

4本のうち1本は使用しない予定なので、そのスペースにスイッチを追加します。プラス側の接点部品を外し、トグルスイッチに合わせて穴を広げればOK。すぐ左下の小さな穴は、左手に見えるオリジナルの配線穴をまねて開けたものです。

18650バッテリーケース

配線は、ジャンク箱から出てきたAC100Vケーブルを流用。写真には写っていませんが、反対側はもちろんDCプラグに結線しています。プラグのサイズは5.5φ×2.1φでした。

Soshineの18650はプロテクト回路の厚み分僅かに長いので、バッテリーのホールド具合がきつく、出し入れには少々苦労します。頻繁に出し入れしなければよいのですが。

18650バッテリーケース

ケースは後で気が向いたらまた考えることにして、今回はこれで出来上がり。ACアダプタと交換しながら、さっそく試聴してみました。LAXMAN印のオリジナルACアダプタは、ジャンク箱に放り込んだはずなのに見当たらず。^^; しかたないので、秋月12V4Aとの聞き比べです。あしからず。

実は一段のクオリティアップを期待していたのですが、結論から言うと、私の耳ではまったく違いが分かりませんでした。ノイズ、歪感はもちろん、音場感、空気感、気配のようなものまで含めて、ブラインドで差し替えても気が付かないレベルだと思います。

スイッチング電源でも不利が目立たない理由としては・・・

1. コンデンサ、エミフィルなどのノイズ対策が十分に機能している。
2. 秋月のスイッチング電源の出来が良過ぎ。
3. 再生装置の他の部分がショボいので、差がマスクされている。
4. 私の耳が悪過ぎるので、聴き分けられない。

3、4の可能性もおおいにありえますが^^;、ここは、1のノイズ対策が非常に巧くいっているのだと思いたいところです。2の可能性も皆無では無いと思います。オリジナルACアダプタではプラグ極性に音が敏感に反応していましたが、秋月のACアダプタではプラグ極性による差がほとんど無く、特にLXA-OT1改造後はほぼまったくといってよいほど、差が感じられなくなっています。

想像ですが、オリジナルのパーツ構成、オリジナルACアダプタのままなら、明らかな差が生じていたのではないでしょうか。オリジナルのLXA-OT1を持っていないので、確認のしようが無いのがちょっと残念です。

もうひとつ私の興味をそそったポイントは、駆動時間でした。実際に試してみると、これが予想以上に長い感じです。この記事のために再生不能になるまで試してみるつもりでしたが、連続再生24時間を過ぎたところで断念しました。再生不能になるどころか、音のクオリティが落ちる気配すらありません。

ちなみに当初12.30Vだった電圧が、24時間連続稼動後に11.37Vまで下がっていました。これぐらいの差なら、音の違いもほとんど無いでしょう。スタミナ抜群! LXA-OT1は9Vでも駆動できるそうなので、連続数十時間は余裕でクリアできそうです。

音に違いが感じられないので、バッテリーを使用するメリットは結局「余計なスイッチングAC電源を作動させないで済む」といった程度です。とはいえ、オーディオ用のタップからノイズ源をひとつ減らすという意味では、よいかもしれません。私はせっかく作ったので、このメリットに期待して、しばらくバッテリーで使ってみることにします。

あとは外で使いたい時に、電源を気にせずに済みますね。しかも状況によっては、音質アップさえ期待できます。オフ会とかでのLXA-OT1自慢に便利かも?(笑) ただし12V以上を確保できるバッテリー構成に限りますが。

つづく・・・?(いやいや、もういい加減に終わりにします。)


関連記事

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。